野菜で天ぷらを作る時の切り方は?

今回は、天ぷらにする野菜の切り方や下ごしらえについて紹介します。

メジャーなナスや玉ねぎから、天ぷらにするとおいしい変わり種の野菜まで、さまざまな野菜の切り方を一覧にしてみました。

普通に天ぷらにするのでは物足りないという方のために、ちょっとしたアレンジレシピも合わせて紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。

 

ナス

茄子は末広切り(扇切り)にします。

末広切りは素材の形を生かした美しい形が特徴です。

 

切り方は、半分に割った茄子の上5センチほどを残して、スカートを広げるように縦に切れ目を何本が入れます。

 

この方法は茄子のほかにも、にんじんやきゅうり、たけのこにも応用できます。

スポンサーリンク

さらに、天ぷらだけに用いられる方法ではありません。

煮物などにも、取り入れられます。

表面積が増えて、味が染みやすくなるためです。

 

縁起の良い切り方なので、お正月のたけのこの煮物料理に取り入れられることもあります。

 

ピーマン

ピーマンはヘタや種をとって、縦に2から4等分の大きさに切ると良いです。

ピーマンの天ぷらは、衣が剥がれやすいことが難点です。

衣の剥がれにくさを考えると、大きめよりも4等分くらいの大きさがベストかもしれません。

 

サツマイモ

サツマイモは、輪切りにします。

大きいサツマイモなら真っ直ぐに包丁を入れ、小さめなら大きくみせるために、斜めに包丁を入れると良いです。

 

お好みにもよりますが、厚さは1センチほどを目安とします。

揚がる時間を同じにするため、厚さは揃えてください。

 

切ったあとは変色防止とあく抜きのため、水にさらしておきましょう。

 

カボチャ

カボチャは、4分の1程度に切り、種とワタを取ります。

それを更に縦に半分程度に切り、扱いやすい大きさすると良いです。

横にも半分に切り、短くしてください。

 

この大きさから、くし形に切ります。

5ミリ程度の大きさに揃えると良いでしょう。

 

この切り方は、かぼちゃのソテーにも用いられます。

 

また、カボチャは皮が硬く、切るときに力が要ることが難点ですよね。

切る前に、電子レンジでチンすると柔らかくなります。

1個まるごとでしたら、500ワットで2~3分チンしてください。

 

玉ねぎ

玉ねぎは、皮を剥いて、輪切りにします。

ですが、大きめの玉ねぎを使った場合、輪切りだと少し大きめになりますので、輪切りにしたものを半分に切った大きさがちょうど良いかもしれません。

 

しかし、そのように切ると玉ねぎがバラバラになってしまうのが難点ですよね。

そこで、爪楊枝を使う方法があります。

 

輪切りにしたものに輪の両側から爪楊枝を刺して、真ん中から半分に切っても良いですし、最初に玉ねぎを半分に切ったものにあらかじめ爪楊枝を等間隔に刺してから切るのも良いでしょう。

 

揚げる時も爪楊枝を刺したまま揚げてください。

 

れんこん

れんこんは、皮を剥いて7ミリほどの輪切りにします。

厚さはお好みですので、少し薄めに切ってみるのも良いですね。

 

切ったら、酢水に浸しておきましょう。

酢水には、れんこんのアク抜きと変色を防ぐ効果があります。

 

揚げるときは、水をよくきることを忘れないようにしてください。

 

人参

人参は短いスティック状になるように切ります。

きんぴらのように千切りなどの、細めの切り方もカリッと揚がっておいしいです。

 

千切りにしたものをのりの帯で束ねて揚げる方法もあります。

衣がつく面積が増えるので、よりサクサクとした食感を楽しめますよ!

 

 

じゃがいも

じゃがいもの天ぷらはホクホクな食感が良いので、大きめのイチョウ切りがおすすめです。

 

でも、何かもの足りないというときは、応用としてはさみ揚げも良いですね。

薄く輪切りにしたジャガイモのなかに、大葉やチーズなどのお好みの具材を入れてサンドして天ぷらにするのもおすすめです。

 

えのき

えのきは程よい大きさに割きます。

天ぷらとしては、変わり種のえのきですが、かさの部分を扇状に開いて揚げるとサクサクな食感が楽しめて、やみつきになりますよ。

スポンサーリンク

また、1日えのきを天日干しして干しえのきにしてから揚げると、スルメのような食感になりますのでおすすめです。

 

ゴーヤ

大人向けに、苦味の好きな方にはシシトウも良いですが、ゴーヤの天ぷらもおすすめです。

ゴーヤは、丸く輪切りにして、種とワタを取ります。

苦味が好きな方はそのままでも良いですが、苦手な方は水にしばらくさらして苦味を抜きましょう。

 

種やワタも捨てずに、一口大にまとめて揚げてもおいしいですよ。

 

しめじ

しめじは適度な大きさに割いておきます。

 

しめじと大葉を海苔で巻いて揚げるのもおすすめです。

大葉の風味との相性が抜群ですよ。

 

ブロッコリー

ブロッコリーは、房ごとに適度な大きさに切り落としてください。

天ぷらとしては、なじみのないブロッコリーですが、甘くておいしいのでぜひ試してみてください。

 

かき揚げ

かき揚げに入れる野菜は千切りにします。

入れる具材は家庭によって異なるとは思いますが、野菜は人参や玉ねぎ、ごぼうなどを入れるのが一般的です。

春菊やしめじ、コーン、さつまいも、大葉を入れても良いですね。

 

まとめ

いかがでしたか?

使う野菜が毎回同じになりがちな天ぷらですが、意外な野菜も天ぷらにするとおいしいこともありますので、いろいろと試してみるのも良いですね。

スポンサーリンク

サブコンテンツ

このページの先頭へ