野菜嫌いな子供でも食べられる!野菜たっぷりレシピ!

野菜が苦手なお子さんは少なくないと思います。

我が家でも母の愛と努力でさりげなくハンバーグに侵入させたり、大好きなチーズやピザ、スムージーに混ぜたりして食べさせています。

おいしく、子供が積極的に食べてくれるレシピはないでしょうか?

 

今回は、我が家の野菜嫌いな子供たちがたっぷり食べてくれるレシピをご紹介します。

 

苦手な野菜を視界にいれない、匂わせない!

ダウンロード

ペットではありませんと突っ込まれるかもしれませんが、ピーマンやカラーピーマン、玉ねぎなどは、その匂いが苦手な子供が少なくありません。

匂いを嗅ぐ前に、味わいまで苦手になり、存在を確認しただけで、シャットアウトする子が多いはずです。

 

だから、ハンバーグなどに混入?させて知らず知らずのうちにピーマン食べられたね!なんていう小技をつかったりするのです。

 

でも毎回ハンバーグを食べさせるわけにはいきませんよね。

 

ニラが苦手な子供たちですが、餃子は大好きです。

餃子の皮でくるまれているので、苦手な野菜は隠れています。

ようは、苦手な存在を消すほどの美味しさ、目で確認できないほど細かくなっているなどの工夫が必要なのですね。

 

好きなもので雲隠れ!レシピ

 

カレーやクリームシチューが嫌いな子供は少ないと思います。

野菜を全く食べないのであれば、かわいく賽の目切りにし、コーンを加えるなどしてかわいくまとめてみましょう。

スポンサーリンク

それでもだめという子供に、カレーであれば、ミキサーで野菜を細かくしてカレールーの一部として火を通せば、簡単に食べてくれますよ。

 

つくりおきしたい野菜コンソメスープ

 

鶏ガラ(スーパーで手に入れば)またはコンソメスープの素

じゃがいも5個、にんじん1本、たまねぎ大2個、月桂樹の葉(1枚)、ベーコンまたはソーセージ(適宜)

 

1.鶏ガラを2~3時間煮込み、月桂樹、野菜を加え、さらに1時間ほど煮込む。

 

2.塩・コショーをする。

 

3.網でこしてスープだけを別の器に移す。

 

4.食べるときに、ソーセージやベーコンを加えに直す

 

5.スープだけを冷蔵保存すれば、夏なら1週間、冬場なら2週間ほど保存できます。(ただし、塩加減を濃くすればもう少しもちます)

 

うちはニンニクが好きなので、ニンニクも加えます。

コンソメ味は、子供には好まれる味のひとつなので、抵抗なく飲んでくれると思いますよ。

 

スープには、十分に栄養素が入っているので、直接野菜を取らなくても十分に栄養が摂れます。

 

お腹をこわした時や、野菜嫌いで心配な子供にはおすすめのレシピです。

 

なんといっても豚汁

 

根野菜をたっぷりとれる、豚汁。

作り方や野菜の種類も家庭によってさまざまだと思います。

うちではたくさんの野菜を入れたほうが喜んで食べてくれます。

 

たっぷり根野菜の豚汁(4人分)

 

豚バラ150g(豚バラの臭みが苦手な方は、豚小間でもよい)、ニンジン1/2本、サトイモ小8個、ジャガイモ大3個、サツマイモ大1本、こんにゃく1/2枚、ゴボウ1/3本ショウガ1かけ、ネギ(適宜)

 

味噌、だし汁、ごま油(適宜)

 

ニンジンは短冊切り、ジャガイモ、サツマイモは小口切り、こんにゃくはスプーンなどでちぎって(わざと乱雑に)、サトイモは皮を向き半分に切る。

 

水にさらし、あく抜きする。

豚肉は食べやすい大きさに切る。

 

ごま油にショウガを加え、強火でニンジンこんにゃくを炒める。

だし汁を入れて煮立たせ、ジャガイモ、サツマイモ、サトイモ、ゴボウ、豚肉を加えて弱火でグツグツと煮る。

灰汁をとり、野菜が柔らかくなったら、味噌を入れ、ネギを加えたら完成です。

 

お味噌の代わりに、酒粕を加えることもあります。

粕汁の完成です。

スポンサーリンク

たっぷり野菜のミートソースは強い味方

 

ほとんどの子供が大好きなミートソース。

パスタのソース、ドリア、ラザニアと大活躍します。

そこで、ミートソースに苦手な野菜を混入?させる小技をご紹介します。

 

苦手な野菜たちは、子供がみつけられるような大きさに切ったのではアウト!なんですね。

ですので、たとえばニンジンならすり下ろす、ピーマンやカラーピーマンならフードプロセッサーで可能な限り細かくみじん切りにすることをおすすめします。

 

野菜独特のにおいをけすために、よく炒め、味も少し濃い目に味付けます。

ソースやケチャップを入れる前に、塩コショーや、タイムなどの香辛料を使用します。

タイムは野菜や肉の臭みを消してくれる働きがあります。

 

野菜たっぷりのミートソース

 

~作り置きバージョン~

牛豚合いびき300g、ニンジン中位のもの1本、玉ねぎ大1個(大きめですと辛くなく、みじん切りしても目に刺激が少ない)、ピーマン小2~3個、ナス中1本、ニンニク1~2片。

他、シイタケなども微塵にして、普段食べない野菜たちをどかんと混入してしまいましょう。

あとは十分に熱したフライパンで炒めていきます。

途中野菜からでる水分がありますので、ふきとってください。

塩は野菜炒めのレシピでご紹介しているように、最後に入れてください。

 

まとめ

 

子供は嫌いな野菜は匂いだけでも抵抗します。

なるべく匂いを消し、存在も消しつつしっかり食べさせるのが親の小技です。

スープで野菜の栄養分をとりましょう。

スポンサーリンク

サブコンテンツ

このページの先頭へ