通販や業務用カット野菜の栄養ってどうなの?

みなさんは普段、どんな場所で、どんな所で野菜を買っていますか?

スーパー、市場、八百屋、最近ではコンビニエンスストアでも野菜を見かけるようになりましたね!

 

「私はスーパーが多いかなぁ、、、、」

と、このように色々と野菜を買う場所はあるのですが、最近近所でとあるウワサを耳にしました。

 

それは、「野菜が通販で売られている!」

それと「業務用のカット野菜ってどんなものなの?」というウワサです!

 

たしかにたま〜に目に入ってきたりして、気になっている方も多いと思います!

 

そこで今回はその今ウワサになっている通販、業務用カット野菜とは一体どのようなものなのか?

また栄養面について、その野菜たちがわたしたちの身体にどのような影響を与えているのか!

 

そこの部分を一緒に見ていきたいと思います!

お楽しみに!

 

野菜の通販っていったいどのようなもの?

今現在、みなさんの周りには畑や田んぼはありますか?

 

そうです、ここ最近は、このような風景があまり見られなくなってきました。

そうなれば、当然、野菜も私たちの手に届くまでに時間がかかるようになり、新鮮な状態で購入するのもかなり難しくなってきています。

 

「なんとか野菜を新鮮な状態で食べたいんだけど、、、」

 

そこで登場したのが、農家で育った新鮮な野菜を直接もしくは間接的に自宅まで宅配してもらえる!という野菜の宅配サービスです。

 

これによってスーパーで購入するよりも、鮮度も高い状態で購入することができるようになりました!

 

しかも野菜の栽培方法や作っている人、産地を公表、そして放射能検査もしてます!

これなら安心して食べられますね!

 p02

(確かに最近畑ってみなくなったかも、、、、)

通販で買った野菜の栄養価は?

そして次に気になるのは、通販で買った野菜の栄養価です!

 

「どうなの?」

 

結論から言うと、スーパーとかで買うよりも高いです!

 

「なぜ?」

それは、野菜というのは実は収穫後も生きているからです!

なんのこっちゃ?と思う方もおられるかもしれませんが、本当なのです。

 

野菜は採られた後も、自分の持っている栄養を使って成長を続けています。

何かけなげですね、、、、

 

なので野菜の栄養価は、収穫した時からグングンと下がっていってしまいます。

スポンサーリンク

スーパーや八百屋に並んでいる野菜というのは収穫から2〜3日経過しているものがほとんどなのですが、普通農家で収穫された野菜というのは、1度出荷団体や業者に集められてから卸売市場へと運ばれます。

 

それから仲卸企業者が買い付けを行いそれからスーパーや八百屋に並ぶ。

という順序になっています。

ですから採ったばかりの新鮮の野菜の味というのは、スーパーや八百屋で買う時にはすでに失われていることになるのです。

 

このような事を考えると、お金に余裕があって高い栄養価がある野菜をたくさん食べたいのであれば、通販を多いに利用するのもありなのではないでしょうか?と私は思います。

 

野菜の栄養を最大限に摂る秘訣は鮮度を保つ事!

ですので収穫後すぐに届けられるという通販野菜がここまで普及したのもあらかた不思議ではないのかもしれませんね。

(野菜は鮮度が命!という言葉があったような気がする、、、。)

 

業務用で売られているカット野菜たち

 

さて、世の中には、カット野菜について

「カット野菜は薬品に漬けてあるから栄養なんてない!」

「いや!むしろ薬品につける事で栄養は保たれているんだ!」

と賛成派と否定派が二手にわかれている事はご存知でしょうか?

 

わたしは全然知りませんでした。笑

ですのでこのカット野菜についても詳しく見ていきましょう!

 

 そもそもカット野菜とは何なのでしょうか?

カット野菜とは、すぐ食べたり、料理できるようにあらかじめ洗って切ってあるパックに詰められた野菜の事。

これだけ?

そうです。

スーパーとかコンビニでよくみるやつ!

Sainsbury's: ƒJƒbƒgƒTƒ‰ƒ_‚ÌŽí—Þ‚Í–L•x

しかしこのカット野菜が色々な所で議論になっているのです!

 

 カット野菜の栄養価についてのデマ

その議論の1つとしてもっともよく上げられるのがこのカット野菜の栄養価です。

 

最近では、「カット野菜はほとんど栄養がない!」という話が出ていますが、これはデマですのお気をつけて!

 

さまざまな研究結果によると、『カット野菜のビタミン流出量は、カットしてない野菜を切って洗った時と、ほとんど違いがなかった』ようです。

スポンサーリンク

また「カット野菜は薬品漬け、添加物だらけで危険だ!けしからん!」とも言われていますが、調理方法でこの薬物を除去できます。

 

それに、食品添加物を使うことによって私たちの食中毒を防止してくれるので、逆に安全性の高い食品とも言えるのではないでしょうか?

 

ですのであまりカット野菜を危険視せずに、マックでハンバーガーを買う時の様に「たまには食べてみるか!」

ぐらいの感じで使っていくのが良いかもしれませんね。

 

少なくとも食べないよりは全然マシなので、あまり気にせずにこのカット野菜を食べて行きましょう!

 

まとめ

 

ざっと見てきましたけどなかなか奥深いですね〜

 

栄養価は少しぐらい下がっても「手軽に野菜が食べられる」カット野菜!

多少お金がかかるが「栄養価も高い新鮮な」通販野菜!

 

2つとも良い所があるので、どちらにするかはなかなか決めれないですね、、、、その時の状況次第というか、、、

 

どちらにせよ今は色々な情報が飛び交っている時代でもあり、私もそうですが、デマに流されず、「情報をなんでも鵜呑みにするのはいけない!」

という姿勢がなによりも大切ですよね!

 

またまたこの記事を一緒に見て頂きありがとうございました!

ではまた今度お会いしましょう!

スポンサーリンク

サブコンテンツ

このページの先頭へ