野菜ジュースでプチ断食はダイエットに効果的?市販でも出来るの?

「プチ断食」というダイエット方を知っていますか?

プチ断食とは、短期間の食事制限により、身体の中の悪いものを出し、余分な脂肪を減らすことにより体重を減らすというダイエット方です。

この方法はダイエットや健康効果だけではなく自然治癒力を上げる効果もあります。

やり方はいろいろあります。

今回は野菜ジュースを使ったプチ断食ダイエットについて紹介したいと思います!

 

プチ断食って効果あるの?!

images (9)

まず最初にプチ断食はどのような効果があるのでしょうか?

はたしてほんとうにダイエット効果があるのでしょうか。

まずはそこを紹介していきます。

 

お通じが良くなる?!

プチ断食をする事は、余分なものが体内に入ってこなくなるため、お通じがとても良くなります。

さらには、血液の流れも良くなり、野菜ジュースに含まれている食物繊維が整腸してくれるので、さらに便通が良くなる効果があります。

 

体温が上がる?

一般的に、食事をとると体温が上がる。

と言われていますよね?

ですが実は、食事を取らない方が体温が上がりやすいのです。

なぜでしょうか?

それは、体が不必要なものを燃焼させようとしているからです。

栄養を取らないあいだは、体は体内に蓄積された老廃物などを燃焼させて、体のエネルギーにしようとしてるのです。

老廃物を燃焼させる=血流が良くなる=免疫力が高くなる=病気になりにくい!

と言ったような効果が出てきます。

老廃物が燃焼することは、体にとっていいことだらけなのです。

さらに痩せることも出来るとなるとやるしかないですね!

 

脂肪が燃焼する

プチ断食をする事は、血液中に蓄積されている、栄養分を使い切るということになります。

なおかつ、残っている体の脂肪をすべて燃焼させる効果があるのです。

断食をする事は、体内の余分なものを燃焼させる効果があります。

 

プチ断食をする時の注意!

ダウンロード (24)

プチ断食をする時は、今日から始める!

と言って、いきなり始めることはしてはいけません。

プチ断食の準備をするには、前日のお昼頃からするべきなのです。

やると決めた前日のお昼頃からジャンクフードやお昼ご飯に油っこいものなどは避けましょう。

また、食事の量は減らしましょう。

「これからしばらく食べられないから。」

と言って、食いだめをする事は決してしないようにしましょう。

 

前日には水分を多めに摂取しておきましょう。

ダウンロード (25)

私たちは普段あまり気に止めていませんが、食べ物からも水分を補給しています。

ですが、断食中は食べ物からの水分を得ることができません。

そこを補うためにも、前日から水分を多めに摂取しましょう。

 

プチ断食のやり方!!

ダウンロード

まずプチ断食は、3日間だけでいいのです。

そんなにがっつりと、多くやる必要はありません。

 

3日間は水分と野菜ジュースだけで過ごす?!

プチ断食は、3日間基本的に食物は何も摂ってはいけません。

ですが、液体は摂取してもいいとされています。

中でも果物や野菜ジュースは最適だとされています。

果物ジュースには、果糖というものが含まれていて、その果糖の甘さが脳をいらいらなどからのストレスを軽減してくれるからなのです。

さらには、低血糖なども防ぐためかなりオススメです。

また野菜には、ミネラルやビタミンが豊富に含まれています。

そのため、健康にもいいのです。

 

いつ飲めばいいの?

特に決まった方法はありません。

そして、どのタイミングで飲まなくてはいけないといったルールも特にありません。

お腹がすいたら飲みましょう。

コップ1杯程度の水分を空腹が我慢出来ない時に摂取しましょう。

 

市販でもいいの?

プチ断食ダイエットをやってる際に、野菜ジュースはとても効果的に作用するのですが、市販の野菜ジュースは意外にも糖分が高いのです。

そのため、果物や野菜ジュースは、ミキサーやジューサーなどで自作したものにするのがいいでしょう。

また、プチ断食中は飲みすぎにも注意しなくてはなりません。

主に果物や野菜ジュースの量なのですが、500ml以上は飲みすぎとされています。

摂取していいのは水分だけなため、もしかするとお腹を下してしまう可能性があるのです。

ですので、果物や野菜ジュースを摂取するのは、多くても1日に500mlまでにしましょう。

 

最終日には!

最終日の三日目には、消化に良いものを食べましょう。

朝昼晩と消化に良いものを食べ、様子を見て翌々日には通常通りの食事に変えるとベストです。

 

まとめ

 

プチ断食のやり方は理解出来たでしょうか?

このダイエット方で健康にやせていきましょう!

スポンサーリンク

サブコンテンツ

このページの先頭へ