美味しいトマトの育て方と栽培方法!

夏になると沢山の実をつけてくれるトマトは、さまざまな料理に取り入れることができる万能な野菜です。

そんなトマトをあなたも栽培してみませんか?

今回は、トマトの栽培方法を紹介します。

 

トマトの品種と選び方

 

トマトにはさまざまな品種があり、一般的なトマトのほかにも甘味のあるものや、黄色のトマトもあります。

また、トマトを上手に育てるには、病気になりにくい品種など、育てやすい品種を選ぶことも重要です。

 

大玉トマト

 

一般的な大きいサイズのトマトを大玉トマトと言います。

大玉トマトのなかでもトップシェアの品種は桃太郎シリーズで、家庭菜園向きです。

1985年の発売から1位のシェアを誇り、現在では20種類以上が市場に出回っています。

 

中玉トマト

 

ミニトマトと大玉トマトとの中間サイズのものを中玉トマト、ミディトマトといいます。

なかでも甘味の強いものはフルーツトマトと言われています。

フルティカやレッドオーレが有名な品種です。

 

ミニトマト・プチトマト

 

3~4cmほどの小さなトマトをミニトマトあるいはプチトマトと言います。

今となっては馴染みのあるミニトマトですが、普及し始めたのは1980年ごろです。

スポンサーリンク

しばらくは赤いミニトマトが主流でしたが、現在では黄色やオレンジのものも市場に出回っています。

千果やアイコは甘味が強く、育てやすい品種です。

 

環境作りが大切

 

トマト作りで難しいとされているのが、環境づくりです。

現在では、日本の気候でも育てやすいように品種改良されているものがほとんどです。

 

しかし、トマトは高温多湿が苦手で、日当たりを好むという性質は変わりません。

プランターで育てる場合は、移動ができるという利点を活かして、日当たりを考慮すると良いかもしれません。

 

土作りのポイント

 

どんな野菜を育てるにも、土づくりは大切です。

トマトは弱アルカリ性の土を好む野菜ですが、日本は火山大国なので、土が酸性に傾いていることが特徴です。

なので、トマトはそのままの土では、上手く育てることが難しく、土づくりをしっかりと行う必要があります。

また、植え付ける前にトマトの生育に必要な栄養分も土に配合しておきます。

 

ですが、菜園初心者にとって、土づくりは難しい作業です。

ホームセンターなどに売られているトマト用の培養土を使って土作りをすると良いかもしれません。

 

植え付けは苗から?それとも種から?

 

トマトは種から育てる方法と苗から育てる方法がありますが、種から育てる場合は、温度管理や水やりなどの細やかな手入れが必要です。

 

なので、苗から育てる方が、失敗が少なく済むかもしれません。

苗から育てる場合も、苗選びが重要となります。

 

苗選びのポイント

 

・本葉が8枚以上付いていること

・茎が太くまっすぐなこと

・茎の節の間隔が短いこと

・つぼみが付いていること

・葉が変色していないこと

 

これらに気をつけて苗を選びましょう。

 

植え付けの時期と方法

 

植え付けの時期は、地域にもよりますが、ゴールデンウィーク明け頃です。

トマトは風の影響を受けやすいので、風のない暖かい午前中に植え付けをしましょう。

スポンサーリンク

大玉トマトの場合はプランターまたは畑の畝に、50cm間隔で穴を開けて植え付けます。

トマトは花が付いている方向に実を付けるので、手前に向きを揃えて植え付けると収穫が楽になります。

 

植え付けたあとは、風で倒れないように、しっかりと土を押さえて固めましょう。

また、マルチや藁で土を覆っておくと乾燥を防ぐことができますし、雑草対策にもなります。

 

ミニトマトの植え付けも基本的には同じですが、間隔は30cmです。

 

支柱の立て方

 

植え付けを済ませたら、支柱を立てましょう。

中玉~大玉トマトには1.5~1.8mの支柱が適しています。

ミニトマトの場合は1mの支柱で十分です。

 

管理のポイントは?

 

トマトの苗が生長してくると、わき芽が生えてきます。

このわき芽はそのままにしておくと、養分が奪われて良い実ができません。

 

なので、わき芽を摘む必要があります。

太い茎だけを伸ばして、余計な枝を作らせないようにしましょう。

しばらくして実がついてきたら、油かすを土に混ぜます。

このあとは、2週間ごとに油かすを与えるという追肥を繰り返します。

 

肥料のあげすぎは、土に含まれる窒素が増えてしまい、トマトの生長に必要なカルシウムの吸収を阻害してしまい、生長の妨げとなってしまいます。

 

害虫対策と予防

 

トマトには害虫が寄生することが多いので害虫対策も必要です。

葉や実にかじられた跡があることや、葉に白い筋があるのは害虫がいる証拠です。

害虫を防ぐには、連作を避けて、病害に強い接木苗を選ぶと良いでしょう。

風通しや日当たりを良くし、追肥を与えすぎないように注意も必要です。

 

トマトの摘果と収穫

 

大玉トマトの場合は成熟前のトマトを摘み取る摘果という作業をすることによって、トマトを大きく生長させることができます。

ミニトマトや中玉トマトの場合は摘果を行う必要はありません。

 

トマトは、花が咲いてから50日ほどで収穫の時期を迎えます。

 

まとめ

 

自分でトマトを一から育てるのは、手のかかることかもしれませんが、収穫の喜びが味わえるのは自家栽培の醍醐味ですよね。

みなさんも、トマトの栽培を楽しんでみてはいかがですか?

スポンサーリンク

サブコンテンツ

このページの先頭へ