トマトジュースの凄い効果とは!?癌予防ができるって本当?

あなたはガンを知っていますか?

日本は世界でもトップクラスのガン大国なのです。

 

というのも日本人の2人に1人はガンになり、3人に1人はガンによって死んでしまいます。

このような数値を見ると、とても人事ではないということが実感できるのではないでしょうか?

今隣にいる人がガンによってなくなってしまう可能性があるのです。

 

ですが、このガンを予防できる食べ物があります!

それは、トマトなのです。

 

トマトの様々な効果とは?!

th (18)

トマトはいろいろな効果を持っています。

例えば、肌への美容や美白効果。

この美肌効果により髪の毛への効果も期待できます。

次に肝臓やコレステロールへの効果。

このように様々な効果がある中、ほぼすべての中枢にいるのはリコピンという物質です。

今回のガン予防についてもリコピンが鍵を握っていました。

 

どうしてガンに有効なの?

 

トマトに含まれるリコピンには抗酸化作用が含まれています。

この抗酸化力はニンジンに含まれているベータカロテンという物質の2倍。

スポンサーリンク

さらにはビタミンEの100倍もあるとされています!

ここまで強い抗酸化力は成人病への予防効果だけではありません。

活性酸素を除去して、サビついた細胞を新しくし、DNAの損傷を修復します。

このようなことからガンを予防する効果があると言われているのです。

 

本当に予防効果があるの?

 

今まで記述してきたものを見て、本当に予防効果があるのか?

と疑問を抱いた方もいるのではないでしょうか?

 

実はアメリカで、47000人を対象とした追跡調査が行われているのです。

その結果は…

トマトソースや、トマトケチャップなど、トマト製品を毎日摂取していた人に比べて、そうでない人の前立腺がんにかかる危険性が36%も高いことが発覚しました。

 

これは、前立腺がんだけでなく、膀胱がんや大腸がんでも同じ結果が出ているのです。

つまり、トマトはいろいろなガンに対して、予防効果が期待できるのです。

スポンサーリンク

どれくらい摂取すべきなの?

 

がん予防としてリコピンを摂取する場合は1日に約20mg必要です。

この量は、大きめのトマト二個分です。

ですが、トマトジュースならコップ1杯分とかなりお手軽になります。

ガンの予防ではなく、抑制効果を期待する場合は40~60mg必要になるとされています。

毎食コップ1杯分のトマトジュースでガンの抑制が期待できるのです。

かなりお手軽で、試してみたくなりますよね!

 

どんな風に摂取すべきなの?

 

トマトで摂取するなら、真っ赤な完熟したトマトが効果的です。

リコピンは赤い色素の元にもなっています。

つまり、完熟して真っ赤になっているトマトの方がリコピンは自然と多くなるのです。

食用のトマトは色が完熟トマトに比べて少しピンクっぽい色をしています。

ですが、料理用のトマトは真っ赤であり、ピューレやジュース、ケチャップなどに使用されています。

これらに使用されているトマトは完熟トマトを使用しており、栄養価はとても高くなるのです。

 

トマトを食べているとたまに固く残る皮がありますよね?

それも完熟トマトならしっかり柔らかく食べることができます。

トマトの栄養価として注目されるリコピンはこの皮に多く含まれているのです。

トマトを食べる時に避けがちなトマトの皮は食べるべきなのです!

 

これも完熟トマトなら簡単に食べられるので、そこも完熟トマトを選ぶ利点ですね!

そして最後にトマトジュースを飲む時は、しっかり無塩のものを選んで飲むことにしましょう!

 

まとめ

 

ガンは正直自分とは関係の無いものだ。

と考えてしまいがちです。

ですが、ガンは遺伝性があるなどかなり身近な病気であるのです。

闘病生活はかなり辛いものであると聞きます。

そんな生活になってしまった時のために、進行を少しでも遅らせるためにも、ト

マトジュースの活躍が期待できます。

その生活を避けるためにもトマトジュースで予防しましょう。

スポンサーリンク

サブコンテンツ

このページの先頭へ