トマトジュースを飲むと肝臓に効果があるってホント!?

飲み会やイベントなどでアルコールと接する場面が多いのではないでしょうか?

イベントが無くてもついつい家で飲みすぎてしまうなんてこともあるでしょう。

ですがあまり飲みすぎてしまうと心配なのが肝臓です。

アルコールを摂取し続けると肝臓に悪いと聞いたことがあると思います。

 

ですがそんなあなたに朗報です!

今回はトマトジュースが肝臓にどのような効果を与えるのかを調べてまとめてみました!

飲みすぎて最近肝臓が少し心配なそこのあなた!

是非この記事を見てください!

 

アルコールはどんなふうに肝臓に悪いの?

th (12)

アルコールが肝臓に悪いっていうのは皆さんが知っている事実でしょう。

ですが、アルコールを摂取すると、すぐに影響が出るわけではないのです。

とても長い間、特にこれといった症状は出ないのです。

どのような検査をしたとしても全く以上は見られません。

 

そして、自分が大丈夫だと安心しているそんなときに、肝臓はじわじわとダメージを受けていくのです。

肝臓は別名「沈黙の臓器」とも呼ばれています。

少しづつ悲鳴を上げる肝臓の声は私たちには届きません。

そして本人が気づくときにはもう、肝臓は本来の働きをできなくなっているのです。

その時初めて体の調子が悪いことに気づきます。

もうすでに気づいた時には肝臓の状態は悪化してしまっています。

 

つまり手遅れの可能性が高いのです。

スポンサーリンク

アルコールはなぜ肝臓にダメージを与えるの?

 

なぜアルコールは肝臓に悪影響を及ぼすのでしょうか?

まず、肝臓には吸収された栄養素を体の中で使用できる形に再生成するという働きがあります。

さらに、余った栄養素は、肝臓に貯蔵され、脂肪の吸収や消火を助ける物質を作ったりなどしています。

そして、体内に入り込んだ有害物質を分解し、無害な物に変換し体の外に出すという、重要な働きを行っています。

 

つまり肝臓は解毒を行うための臓器なのです。

そして、その有害物質というのが何を隠そうアルコールなのです。

アルコールは、体内でまずはアセトアルデヒドという物質に分解されるのです。

最終的には水と二酸化炭素となり、体の外へ排出されるのですが、これは肝臓の働きのおかげです。

ですがこのアセトアルデヒドは肝臓の細胞自体を破壊してしまいます。

 

これがアルコールが肝臓に悪いとされている要因なのです。

ではどうしてトマトジュースは肝臓に良いのでしょうか

 

トマトジュースはなんで肝臓にいいの!?

th (2)

トマトジュースは主に三つの点で肝臓に役立っていますそれはなぜでしょうか?

 

1.トマトといえば?

さて、あなたはトマトといえば何を思い浮かべますか?

そう、赤いんです!

 

その赤い理由となっているのが色素であるリコピンです。

これはとても強力である抗酸化物質を持っています。

 

肝臓は常に働いていて、とても大量な仕事をこなしています。

ですので、活性酸素が生まれやすいのですが、リコピンがこれを取り除いて肝臓を守ってくれているのです。

スポンサーリンク

2.暗号のような物質?!

13-oxo-odaという物質に見覚えはあるでしょうか。

この物質は肝臓や血液中に存在する中性脂肪を減らす働きがあるのです。

物質名は覚えなくてもいいですが、中性脂肪を減らす働きがある物質があるというのは覚えておいて損はないです。

これはトマトジュースダイエットというものにも使える情報でしょう。

 

3.トマトジュースの分解作用

実はトマトジュースをアルコール類と同時に接種するとなんと!

アルコールやアセトアルデヒドの分解にかかる時間が短縮されるのです。

 

このようなことからトマトジュースは肝臓に効果的、ということです!

 

まとめ

もうずいぶんと暑くなってきましたが、トマトジュースを飲んで楽しく飲み会やフェスなどを乗り切りましょう!

スポンサーリンク

サブコンテンツ

このページの先頭へ