トマトの種類と美味しいトマトの選び方を解説!

アナタは買い物でトマトを手に取った時、美味しさや種類を考えず、何気なくカゴに入れていませんか?

そこを一旦立ち止まってみましょう。

 

日本ではトマトを知らない人はいないほど、生活に根付いた野菜ですね。

同じスーパーのトマトコーナーに、複数の品種が並べられている事も。

品種によって味は違ってきます。

 

そして同じ種類でも、見分け方で美味しさの差が出てきます。

同じトマトでも、確実に美味しい方を選べるならその方がいいですよね。

 

本記事では、スーパーですぐに役立つ選び方のポイントを紹介します。

 

また、トマトは赤いだけではありません。

丸いだけでもないようです!

国内外の色んなトマトの品種も掲載しています。

 

驚きのトマトを発見できるかも?

興味のある方はどうぞご覧ください!

 

美味しいトマトの選び方とは?

 

全体的に色が濃いほど新鮮で良いものです。

次回スーパーへ行く時は、これらの基準でトマトを見てみてください。

 

ヘタ

3738986f9c3a92ad1b5e2e3c367cd9c8

濃い緑色で、ピンとしているヘタのトマトを選びましょう。

縮れていたり、黄変しているヘタは、収穫してかなり日数が経っている証拠です。

また、ヘタの周辺の実にヒビ割れがあると味が落ちています。

 

ffwf

赤色が栄養素のリコピンですので、赤が濃いほど栄養価が高いです。色ムラは無い方がいいでしょう。

また、赤いトマトなのに少し黄色がかってきているものは、鮮度が下がっています。注意してください。

皮にハリがあり、ツルッとして丸いものを選びましょう。

角ばった形や、凹凸があるものは、中がスカスカの可能性があります。

固く重いものが新鮮です。

柔らかいと鮮度が落ちている可能性があります。

トマトは、重く実がつまっている方が甘いようです。

 

 

調理の際、ラベルを一旦とっておくと良いかもしれません。

食べてみて美味しかったら、産地や品種を確認する事ができます。

お気に入りのトマトを見つけましょう!

 

トマトの種類

 

トマトはイタリアやスペイン料理でも欠かせず、世界中で消費されています。

ですので、品種改良も日進月歩。

スポンサーリンク

現在では確認されているだけでも世界中に8,000種以上あるようです。

日本では、120種類以上が品種登録され、出回っているようです。

 

その中でもよく消費されるトマトを、用途と併せてご覧下さい。

 

大玉トマト

大きめのトマトのことを指します。

重さ約150g〜で、幅広い調理に適しています。

もちろん生でも。

よくサラダに入っていますよね。

 

・桃太郎

momotaro_titleL

最近出回っている大玉トマトの品種のほとんどがこれです。

しっかりとした果肉に、強い甘みと適度な酸味で美味しい、主流の品種です。

 

・桃太郎ゴールド

seed_momotarogold_item01

オレンジ色の桃太郎です。

このオレンジ色、実は赤いイメージのあるリコピンだそうです。

シス性リコピンと言われ、人体が吸収しやすい形なんだとか。

口当たり滑らかで、酸味も適度。

独特の風味があるそうです。

 

中玉トマト(ミディトマト)

大玉とプチトマトの間の大きさのものを言います。

40〜150gで、ゴルフボール程の大きさです。

皮も実も柔らかく、サラダなどの生で食べるのに適しているトマトです。

 

・シンディスイート

920010_p

濃厚な味わいで、甘みや旨み、酸味も絶妙なバランスのトマト。

調理にも、生にも向いているトマトで、何にでも使えます。

 

プチトマト(ミニトマト)

一口サイズの小さなトマト。

重さは20〜30gほど。

お弁当の彩りに一役買いますよね。

甘みが強いのが特徴です。

小さいので手軽に使える分、最近では赤・黄・オレンジなどの幅広い品種が開発されています。

 

・アイコ

d1718-589-191781-2

主に北海道で栽培されている、卵型のトマトです。

果肉部分が豊富で、ゼリーの部分が少ないので、他の品種と違った食感になっています。

通常の2倍のリコピンを含み、栄養価が高いです。

赤と黄色があります。

スポンサーリンク

 

フルーツトマト(高糖度トマト)

フルーツの名がつくように、果物のように甘い品種です。

水の量を抑えるという特別な栽培方法で、高糖度にしているようです。

50〜120gの大きさが一般的です。

糖度は8度以上と決まっているようです。

 

・アメーラルビンズ

11041551_4cd257d426179

静岡県や長野県に住んでいる方は、この名前をよく見かけるのではないでしょうか。

主にその地域で栽培されている、プラム型の甘いトマトです。

 

 

変わりダネ トマト

中にはこんなトマトもあります。

 

・エバーグリーン

52783a4e55cbe4e3cadd50a61d30abd3

緑色の大玉トマトです。

赤いトマトを見慣れていると、味が気になるところですが、クセもなく爽やかな味だそうです。

生でも食べられますし、色を生かしてピクルスでも食べられます。

サルサソースに使われることも。

 

・トマトベリー

tomatoberry_01

小さなハートの形のトマトです。

見た目が可愛いですね。お弁当に入っていると嬉しいかも。

味も良く肉厚で美味しいようです。

 

・サンマルツァーノ

315faf89

イタリア料理向きのトマト。

旨みのある濃厚な味とゼリー分が少ないことで、加熱料理に最適です。

 

・オレンジバナナ

Or_Orange_Banana

ロシア産の珍しい品種です。

オレンジ色の楕円形型で、香り高いようです。

 

・ブラック

bb38b3038d9ce445b9b1ff5f066f7b7d

名前通り、トマトでなかなか見る事はない黒色!

ミニトマトです。

赤やオレンジでは無いですが、リコピンも含んでいます。

アントシアニンも持っているので、混ざり合い黒色になっているのでしょうか。

生でも加熱しても食用可です。

 

まとめ

 

・トマトの選び方

全体的に色の濃いもの、丸く重いものを選びましょう。

 

・トマトの種類

大きさはもちろん、赤・オレンジ・黄・緑・黒の色や、味や用途もよりどりみどり!

 

いかがでしたでしょうか?

これだけ種類が豊富にあると、取り寄せて食べ比べをするのも楽しそうですね。

普段身近にあるものでも、調べてみるとまだまだ知らない事があるようです。

 

これからもトマトを美味しく食べていきましょう!

スポンサーリンク

サブコンテンツ

このページの先頭へ