春野菜で美味しい天ぷらを作ろう!どんな種類があるのか解説!

寒い冬の終わりを感じさせるおいしい春野菜。

寒い冬を超えて育った春野菜は栄養満点なだけではなく、解毒作用もあるのでぜひ意識して食べたいところ。

 

いろんな食べ方がありますが、お店などでよく見かける春野菜のてんぷらを作ってみませんか?

揚げ物なんて面倒…と思わず、ぜひ作って春の味を楽しんでくださいね。

 

春が旬の野菜って何?

 

ところでみなさん、野菜の旬ってご存知ですか?

スーパーなどでは1年中いろんな野菜を見かけるので、実はハッキリ分からない…なんて方はいませんか?

どれもおいしい野菜ばかりですが、特に天ぷらでおススメの食材をご紹介したいと思います。

 

甘みが増す玉ねぎ

 

新玉ねぎは柔らかく甘いのが特徴。

血液サラサラ効果などが期待できる野菜です。

 

油で調理することで栄養が倍増!人参

 

カロテンやビタミンAがたっぷり摂れる、アンチエイジング食材。

生食よりも油で調理したほうが栄養を効率よく摂れるので、天ぷらはうってつけの調理法です。

下処理が大変!だけどデトックス効果は見逃せないたけのこ

 

アクが強いので糠で下茹でしたりなど、下準備が面倒なたけのこ。

スポンサーリンク

食物繊維がたっぷりなので、便秘や大腸がんの予防に効果が期待できるだけではなく、コレステロールの
吸収を抑えたりと、暴飲暴食になりがちな冬を過ぎたらぜひとも食べたいデトックス食材です。

 

苦手な方も多いほろ苦のたらの芽&フキノトウ

 

ほろ苦い味が特徴のたらの芽&フキノトウ。

また、スーパーや八百屋で見かけるけど、食べ方が分からない…なんて方もいると思いますが、どちらも天ぷらにするととてもおいしい食材です。

a1750_000004

 

たらの芽はたら(楤)の木の芽です。

樹皮は健胃、滋養強壮に効果があり、根皮も糖尿病にもよいといわれています。

フキノトウはご存知フキの芽 。

肝毒性があるので必ずアク抜きをしてから調理してくださいね。

 

春から元気に活動開始!元気の源アスパラガス

 

アスパラガスの栄養として注目したいのは、アスパラギン酸。

疲労回復に効果がある成分です。

また赤血球を生成に有効なミネラルが豊富なので、貧血予防にも効果が期待できます。

 

家でおいしい天ぷらを揚げよう@天ぷら粉(衣)編

 

揚げ物はちょっと苦手…という方も多いと思います。

ダイエット中だから揚げ物は…なんてやせ我慢せず、おいしい天ぷらを自分で揚げて食べてみませんか?

揚げたてはやっぱり格別の味だと思いますよ。

スポンサーリンク

市販の天ぷら粉もありますが、わざわざ買わなくても自分で作れます。

コツさえつかめば失敗知らずのおいしい天ぷらがいつでも揚げられるので、ぜひチェックしてくださいね。

 

隠し味?卵をアレに変えるだけでサックサク!

 

ひと昔前、マヨラーなんて言葉が流行りましたが、天ぷら粉に使う卵をマヨネーズに変えちゃいます。

a0006_002404

【材料】

小麦粉…50g

水…75ml

マヨネーズ…大さじ1

 

水を炭酸水に変えると衣の水分が飛んでカラッと揚がるなんて話もあります。

 

衣は揚げる直前まで冷蔵庫で冷やそう!

 

サクサクのカラッとした天ぷらを作ろコツはズバリ!油と衣の温度差。

すぐに揚げない場合は冷蔵庫に入れておきましょう。

揚げる時も温度が上がってきたなぁ…と思ったら、氷を入れたりなど冷やすようにするのがいいでしょう。

 

かき混ぜすぎはNG!適当でOK

 

材料を混ぜる時、ついついしっかり混ぜたくなるものですが、逆にだまになってしまう原因になります。

小麦粉を電子レンジで3分ほど加熱することで、だまになりにくいので試してみてはいかがでしょうか。

 

家でおいしい天ぷらを揚げよう@実際に揚げてみる編

 

天ぷら(衣)の作り方が分かったので、あとはもう実際に揚げて食べるだけ。

あともうちょっとで美味しい天ぷらが食べられますね!

 

揚げ油はどうする?

 

大量に油を使うのでやすいものだったり、使い回しをしたりする方も多いと思います。

それでもいいと思いますがおススメは、サラダ油とごま油を1:1にすること。

たったそれだけで、風味が良くなるだけではなく冷めてもおいしい天ぷらが出来上がります。

 

天ぷらに適した温度は180度。

衣を油に落としてはじくようなら適温です。

揚げ油の温度変化に注意しながら揚げましょう。

 

天つゆもおいしいけど〇〇もおいしい!

 

せっかく揚げたてを食べるのだから、食べ方もこだわりたいところ。

天ぷら屋さんでよく出されるのはではないでしょうか。

a0002_008970

 

抹茶塩など頑張って(…と言うほどのものではありませんが…)作るのもいいですし、岩塩など塩そのものをこだわってみるのも簡単なのにどこか粋でおススメな食べ方です。

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか。

春はまだ先だけれども、おいしい春野菜が出回る季節が待ち遠しいですよね。

冬に溜め込んだ脂肪などを燃焼するためにも、気持ちがいい春を活発に過ごすためにも、春野菜は積極的に食べたいところ。

 

天ぷらはおもてなし料理にもピッタリなので、ひなまつりのパーティや卒業・入学などのお祝いの席にもおススメしたいメニューです。

 

ぜひお家で天ぷら、楽しんでくださいね。

スポンサーリンク

サブコンテンツ

このページの先頭へ