春の野菜といえば・・・?特徴は?旬の時期はいつ?

アナタは春の野菜と言えば何を思い浮かぶでしょう?

 

春と言えば寒い冬が明けて外気の温度も温かくなってきます。

雪国に関しては雪が解けて、畑活動も始まるでしょう!

 

私自身、春野菜で一番に思いつくのは「春キャベツ」です。

我が家ではキャベツの千切りなどにしてドレッシングをかけてよく食べます。笑

 

春野菜の特徴は?様々な栄養素に注目!

 

春野菜の特徴として、特有の苦みや香りがあります。

その苦みや香りの原因には植物性アルカロイドという成分が多く含まれているからです。

 

この植物性アルカロイドですが、老廃物を輩出してくれる役割があります。

 

そもそも春前の冬季期間中は、他の季節に比べたら運動量や汗をかく頻度も落ちてしまいます。

その為、老廃物が貯まったり、新陳代謝なども落ちやすくなる訳です。

 

そんな状態で春先を迎えると、

  • たくさん寝ても眠い
  • 肌荒れが酷くなる
  • アレルギー(花粉症など)が酷くなる

と言った症状が出やすくなります。

 

そんな冬季期間中の体質をリセットしてくれるのが春野菜の特徴なのです!

 

 

また、キャベツ、菜の花のようなアブラナ科の野菜に含まれるグルコシノレートという成分も目を離せません。

 

このグルコシノレートは

  • 更年期症状
  • アンチエイジング効果
  • 免疫力アップ

など体の機能向上に役立ちます。

 

冬が明ければ春~夏にかけて、仕事もスポーツもプライベートも充実し始める時期です。

そんな時に体の機能を全体的に向上させてくれるのが、春野菜の特徴と言えるでしょう!

 

春の野菜と言えば・・・?旬の時期はいつ?

 

さてさて、アナタは春の野菜と言えば何を思い浮かべますか?

スポンサーリンク

特徴でもお伝えしましたが、老廃物を輩出してくれる役割や新陳代謝を向上したり体の機能を向上してくれる役割が全体に挙げられます。

 

これから紹介する春野菜の代表例を見ていただければわかりますが、やはり全体的に体の機能を向上してくれる役割が見受けられます。

 

菜の花

ph02

旬は2~3月です。

菜の花は栄養価の高い野菜として知られています。

 

βカロチン、鉄分、ビタミンB1・B2、ビタミンC、カルシウム、カリウム、食物繊維などなど・・・挙げたらキリがありません。笑

 

また、ビタミンCはホウレン草の3倍以上。

βカロチンに至ってはピーマンの5倍以上の栄養があると言われています。

 

私自身、菜の花の苦みが苦手ですが、「良薬は口に苦し」という言葉があるぐらいなので、きっと栄養価は高いのでしょうね。

 

菜の花を食べると、

  • 免疫力の向上
  • 感染症の予防
  • 疲労回復
  • 美肌効果
  • 老化防止
  • がん予防

と、多くの効能が期待出来ます。

 

春野菜の王様と言っても過言ではないので、積極的に食したい野菜です。

 

たけのこ

images

旬4~5月です。

春になるとたけのこご飯なども多くなりますよね。

 

実はたけのこって、カロリーが低く、その反面たんぱく質が多いようなのでダイエットに向く食材です。

また、たけのこには食物繊維なども多く含まれており、便秘改善にも役立ちます。

 

春キャベツ

images (1)

旬は4~6月です。

ビタミンKとビタミンCが多く含まれていると言われています。

 

ビタミンKが不足すると、鼻血、月経過多、血尿、血液凝固の遅延などといった症状が現れるようです。

全体的に血液に関するトラブルが増える可能性が高くなるという事です。

スポンサーリンク

ビタミンCは言わずと知れた有名栄養素です。

疲労回復効果、美容効果、免疫機能効果があると言われています。

サプリメントなどでもビタミンCのサプリメントは多くで回っていますよね。

 

女性には喜ばれる成分が多く含まれているので、女性にオススメです。

 

ふき

images (2)

旬は2~4月です。

苦みのある野菜で、生活習慣病の予防に効果があると言われています。

大腸がんの予防。高血圧の方にオススメの食材です。

 

また、食物繊維も多く含まれているので、便秘改善に役立ちます。

 

新じゃがいも

images (3)

旬は5~7月です。

大分温かくなってきた頃に旬を迎えます。

 

収穫は春と秋、産地でそれぞれ違いますが、春先に取れた物を「新じゃがいも」と言います。

 

新じゃがいもの特徴は皮が薄く、みずみずしい弾力がある事です。

茹でたりするとホクホクして美味しいでしょうね!

 

また、ジャガイモはアルカリ性の食べ物なので、肉や油料理など一緒に食べると、体内の酸化を防いでくれます。

体内の酸化を防ぐという事は要するに内側から老化防止をしてくれる役割があるのです。

 

アスパラガス

ダウンロード (2)

旬は4~7月です。

アスパラガスにβ-カロテン、ビタミンA、B1、B2、C、Eなどが多く含まれており、特にアスパラギン酸という特徴的な栄養素が含まれています。

 

アスパラギン酸はアミノ酸の一種で新陳代謝の向上、疲労回復などに効果があります。

 

まとめ

 

先にも述べましたが、春野菜には

  • 新陳代謝を上げる効果
  • 老廃物(デトックス)を輩出する効果

が期待出来ます。

 

また、老廃物(デトックス)効果に含め、食物繊維が多く含まれている野菜も多いので、便秘改善などにも役立ちます。

 

春は冬が明けて、温かくなってくる季節です。

体調が良くないと気持ちよく春を越す事が出来ないのでドンドン旬の野菜を取り入れてみてください!

スポンサーリンク

サブコンテンツ

このページの先頭へ