春野菜といえば?特徴や栄養成分を解説!

春は寒い冬が明けて、外気の温度も温かくなってきます。

雪国に関しては雪が解けて、畑活動も始まるでしょう!

皆さんは、春の野菜と言えば何を思い浮かべますか?

春野菜にあまり馴染みがない方も多いでしょう。

しかし、春野菜は栄養が豊富で、驚くような働きがあります。

積極的に春野菜を食べれば、健康的な身体を手に入れることができるでしょう。

そんな春野菜の特徴や栄養分について、解説します。

春野菜の特徴は?様々な栄養成分に注目!

春野菜の特徴として、特有の苦みや香りがあります。

その苦みや香りの原因は、植物性アルカロイドという成分です。

独特な香りや苦みの原因である植物性アルカロイドですが、この成分が春野菜が健康に良い影響をもたらすポイントになっているでしょう。

植物性アルカロイドが注目なのは、身体に有害な活性酸素を除去してくれるという点です。

活性酸素は肌のしみやしわといった老化現象や動脈硬化やがんなどの様々な生活習慣病の原因だと言われています。

そのため、活性酸素を除去してくれる植物性アルカロイドは、話題の栄養成分となっているのです。

活性酸素が関与する主な疾患には動脈硬化や心筋梗塞、脳梗塞、がんなど死に直結する怖い病気がほとんどです。

活性酸素を除去してくれる植物性アルカロイドは、春野菜に多く含まれているので積極的に摂取しましょう。

さらに、活性酸素は肌のしみやしわの原因にもなっているので、植物性アルカロイドで活性酸を除去することによって、美容にも良い効果が期待できます。

また、春野菜のキャベツ、菜の花のようなアブラナ科の野菜に含まれるグルコシノレートという成分も目を離せません。

このグルコシノレートは

  • 更年期症状
  • アンチエイジング効果
  • 免疫力アップ

など体の機能向上に役立ちます。

他にも、春野菜には、以下の栄養成分が含まれています。

  • ビタミン
  • マンガン
  • 亜鉛
  • ゲルマニウム

最近疲れやすいと感じている方は、春野菜を食べてこれらの栄養成分を補ってください。

冬が明ければ春~夏にかけて、仕事もスポーツもプライベートも充実し始める時期です。

そんな時に体の機能を全体的に向上させてくれるのが、春野菜の特徴と言えるでしょう!

おすすめの春野菜は?特徴も解説!

それでは、具体的なおすすめの春野菜について解説します。

春野菜と言っても普段は意識していないと、なかなか思い浮かばないでしょう。

特徴でも書きましたが、春野菜は活性酸素の除去やアンチエイジング効果が期待できます。

これから紹介する春野菜を積極的に食べて、健康な身体を維持するようにしましょう。

とにかく栄養素が豊富!菜の花

菜の花の旬は2~4月です。

菜の花はアブラナ科の野菜で、栄養価の高いことで有名です。

βカロチン、鉄分、ビタミンB1・B2、ビタミンC、カルシウム、カリウム、食物繊維などなど・・・とても多くの栄養素が含まれているのです!

また、ビタミンCはホウレン草の3倍以上という点は注目でしょう。

βカロチンに至ってはピーマンの5倍以上の栄養があると言われています。

私自身、菜の花の苦みが苦手ですが、「良薬は口に苦し」という言葉があるぐらいなので、きっと栄養価は高いのでしょうね。

菜の花を食べると、

  • 免疫力の向上
  • 感染症の予防
  • 疲労回復
  • 美肌効果
  • 老化防止
  • がん予防

と、多くの効能が期待出来ます。

春野菜の王様と言っても過言ではないので、積極的に食べたい野菜の一つです。

スポンサーリンク

カリウムや食物繊維が豊富!たけのこ

たけのこの旬は、4~5月です。

たけのこも、春を代表する野菜の一つでしょう。

春になるとたけのこご飯なども多くなりますよね。

たけのこには、カリウムや食物繊維、ビタミンEが多く含まれています。

カリウムが不足すると脱力感があったり、酷いときには呼吸困難や不整脈になったりします。

精神的にもイライラしやすいと感じている方は、カリウムが不足している可能性があるでしょう。

たけのこにはカリウムが含まれているので、これらの症状を改善する効果が期待できます。

さらに食物繊維も豊富に含まれているので、便秘の改善にも役立つでしょう。

便秘の改善は、アトピーの改善にも役立つと言われています。

肌のトラブルに悩んでいる方は、たけのこを積極的に食べてみましょう。

そして、たけのこはカロリーが低く、その反面たんぱく質が多いようなのでダイエットに向く食材とも言われています。

最近食べ過ぎて体重が気になるという方にも、おすすめできる春野菜です。

女性におすすめ!春キャベツ

春キャベツの旬は、4~6月です。

キャベツは主に、春に収穫される春キャベツや冬に収穫される冬キャベル、さらに夏に高冷地で収穫される高原キャベツという3つの種類があります。

その中でも、春に収穫される春キャベツは、栄養が多く含まれていることで注目を浴びています。

春キャベツがおすすめなのは、ビタミンKとビタミンCが多く含まれていると点でしょう。

ビタミンKが不足すると、鼻血、月経過多、血尿、血液凝固の遅延などといった症状が現れるようです。

全体的に血液に関するトラブルが増える可能性が高くなるということなので、気を付けてください。

ビタミンCは言わずと知れた有名栄養素です。

疲労回復効果、美容効果、免疫機能効果があると言われています。

サプリメントなどでもビタミンCのサプリメントは多くで回ってるでしょう。

春キャベツは女特に性に喜ばれる成分が多く含まれているので、女性におすすめの野菜です。

スポンサーリンク

妊婦にもおすすめ!ふき

ふきの旬は、3~5月です。

苦みのある野菜で、生活習慣病の予防に効果があると言われています。

ふきの栄養の中で最も多く含まれているのが、カリウムです。

他にも食物繊維やカルシウムが含まれている点も注目でしょう。

カリウムには血圧の上昇を抑えて高血圧を予防したり、むくみの予防や改善に効果があります。

また、カルシウムも含まれているので、骨を丈夫にしてくれて骨粗しょう症の予防にも効果が期待できるでしょう。

さらに、ふきには胎児の成長に必要不可欠な葉酸が含まれています。

葉酸は神経や脳の発育に関係している栄養の一つなので、妊娠中の方にもおすすめでしょう。

イライラを解消してくれる効果も期待できるので、心身ともに健康的になれるおすすめの春野菜です。

レモンに匹敵するビタミンC!新じゃがいも

新じゃがいもの旬は、5~7月です。

新じゃがいもは、冬に植えたじゃがいもを通常よりも早く収穫したじゃがいものことを言います。

新じゃがいもの特徴は皮が薄く、みずみずしい弾力がある事です。

茹でたりするとホクホクして美味しいでしょうね!

新じゃがいもに含まれる栄養成分で注目なのは、ビタミンCです。

新じゃがいもには、なんとレモンに匹敵するほどのビタミンCが含まれていると言われているのです。

ビタミンCは、免疫力をアップさせてくれる栄養成分なので、健康維持には欠かせません。

さらに、体内の免疫だけでなく、肌の免疫機能も高めてくれるので、美容にも効果があります。

新じゃがいもは、美肌づくりに欠かせない野菜の一つでしょう。

また、ジャガイモはアルカリ性の食べ物なので、肉や油料理など一緒に食べると、体内の酸化を防いでくれます。

体内の酸化を防ぐという事は要するに内側から老化防止をしてくれる役割があるのです。

スポンサーリンク

疲労回復に有効!アスパラガス

アスパラガスの旬は、4~7月です。

アスパラガスにβ-カロテン、ビタミンA、B1、B2、C、Eなどが多く含まれており、特にアスパラギン酸という特徴的な栄養素が含まれています。

アスパラギン酸はアミノ酸の一種で新陳代謝の向上、疲労回復などに効果があります。

アスパラギン酸が不足すると、疲労を感じやすくなると言われています。

また、排尿などのアンモニア排出が滞ってしまう可能性もあるでしょう。

最近、疲れやすいと感じている方は注意してください。

アスパラギン酸が不足している可能性もあるので、アスパラガスを食べて疲労回復に役立てましょう。

まとめ

先にも述べましたが、春野菜には植物性アルカロイドが含まれています。

植物性アルカロイドは、身体に有害な活性酸素を除去する働きがあります。

春野菜を食べることによって、様々な生活習慣病の予防に効果が期待できるでしょう。

また、食物繊維が多く含まれている野菜も多いので、便秘改善などにも役立ちます。

便秘を解消することにより、アトピー体質の改善も期待できるので、アトピーに悩んでいる方にもおすすめできるのが春野菜です。

春野菜が健康にもたらす効果は、計り知れないでしょう。

春は冬が明けて、温かくなってくる季節です。

体調が良くないと気持ちよく春を越す事が出来ないので、ドンドン旬の野菜を取り入れてみてください!

他にも野菜に関する

役立つ記事を書いています!

是非ご覧ください!

↓↓↓

ブログの目次はコチラ

 
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする