プランターで気軽に家庭菜園!初心者でも上手に野菜を育てるには?

vegi

家庭で野菜が作れたら、毎日新鮮で安全な野菜が食べられていいですよね。

 

自分で野菜を作ってみたいけれど、

「庭がないし…場所を借りてまではちょっと…」

「上手にできるかな?なんかむずかしそう…」

…そんな理由から、あきらめていらっしゃる方も多くいらっしゃるのではないでしょうか?

 

今日は、狭い場所でも始められるプランターを使った野菜の育て方を調べてみました。

 

プランターって何?

プランターとは、植物を育てる容器のことです。

images

一般的にプラスチック製の容器が多く、大きさも大小様々です。

小型なものは、マンションのベランダにも置けて気軽に野菜を育てることができます。

 

プランターでどんな野菜が育てられるの?

では、プランターで育てられる野菜はどんなものがあるのでしょうか?

プランターで育てられる野菜を調べてみました。

 

実を収穫できるもの

ミニトマト、ナス、ピーマン、シシトウ、トウガラシ、ズッキーニなど

 

ツルもので実が収穫できるもの

キュウリ、ゴーヤなど

 

葉もの

リーフレタス、小松菜、ほうれん草、春菊、シソ、バジルなど

 

根菜

ニンジン、ラディッシュ、小ネギなど

 

プランターを選ぼう!

プランターで野菜を育ててみようと思ったら、まずはどんなプランターを選べばいいのでしょうか?

 

まず、プランターを置く場所を決めて、きちんと入るものかどうか確認しましょう。

そして、出来るだけ高さのある深いプランターを選ぶことをおすすめします。

スポンサーリンク

どうして深いプランターがおすすめかというと、まず、おいしい野菜を育てるためには、多くの養分を必要とするため、土の量ができるだけ多い方が良いということです。

また、深く根を張らせることによって、特に背が伸びる植物も地上部を安定させることが出来、支柱を立てた場合も、土の部分が深い方が安定しやすいので、深いプランターがよいというのが理由です。

 

土を選ぼう!

今度は、プランターに入れる土選びです。

土も選ぶ必要があるの?と疑問に思われた方もいるかもしれませんが、野菜を上手に育てるには、土選びも重要なポイントです。

 

本来であれば、植える植物に合わせて土や栄養素をブレンドするのですが、家庭菜園初心者の方にはむずかしいと思います。

最近は、家庭菜園を気軽に始められるように、すでに野菜栽培用にブレンドされた培養土が袋詰めで販売されていますので、初心者さんにはこちらをおすすめします。

 

肥料の選び方

プランター選びでも少し触れましたが、プランターで栽培をすると土の量が限られているため、野菜が育つための必要な養分が足りなくなってきます。

そのため、野菜を育てるには、土のほかに肥料が必要となります。

 

野菜が育つために必要な成分のうち、酸素、水素、炭素は空気や水から得ることが出来ますが、それ以外で必要な栄養素が、窒素、リン酸、カリウムで、肥料の3大栄養素といわれています。

もし、肥料を選ぶのに迷ってしまった場合や、よくわからない場合は3大栄養素が等分に入っている肥料を選びましょう。

 

ズバリ!初心者さんが育てやすい野菜は?

野菜の中でも、比較的丈夫で、初心者さんでも育てやすい野菜と、育てるのが少しむずかしい野菜もあります。

せっかく、最適なプランター、土、肥料を選んでも、栽培がむずかしい野菜を選んでしまってうまく育てられなかったのではがっかりですよね。

スポンサーリンク

今度は、初心者さんでも収穫までを楽しむことが出来る、育てやすい野菜をここでは選んでみました。

 

パセリ、バジル、パクチー、その他ハーブ類

食べるだけでなく、きれいなお花を咲かせてくれるハーブもあって、ほんのり良い香りがするのもいいですよね。

うれしいことに、初心者さんでも気軽に育てられる品種も多くそろっています。

採れたてのハーブで作るお茶なんて、優雅で素敵ですよね。

 

小ネギ、シソ、ミツバ

狭いスペースで育てられて、しかもお料理に役立つお野菜ですよね。

 

唐辛子

育てやすい上に、見た目も緑の葉っぱ赤い実の色合いがとてもかわいらしいです。

品種の違う唐辛子を育ててみるのもいいかもしれないですし、お花の代わりにプランターに並べて植えてもかわいいですよね。

もちろん、実は生でも、乾燥しても料理に使うことが出来ます。

 

ミニトマト、ラディッシュ、ミニキャロット

育てやすいのも大事だけれど、もう少し収穫を楽しみたい方へ、ミニトマト、ラディッシュ、ミニキャロットはいかがでしょうか?

ミニトマトは、トマトに比べ実は小さいですが、丈夫で育てやすく、実も沢山収穫できます。

ラディッシュは30日程度、ミニキャロットは90日程度で収穫が出来ます。

家庭菜園が初めてでも、気軽に楽しめるのではないでしょうか?

 

種と苗、おすすめは?

手軽に家庭菜園を始めるのであれば、苗を購入することをおすすめします。

苗を購入する場合は、出来るだけ沢山売っている中から、葉が青々とした元気な苗を選びましょう。

 

もし、種から栽培をするのであれば、種が古くないものを選びましょう。

植える場所や、地域に適した品種かどうか、種まきの時期も確認して購入しまししょう。

 

まとめ

いかがでしたか?

 

ご自宅のちょっとしたスペースでも始められるプランターでの家庭菜園。

出来るだけ簡単で、成功する、家庭菜園のポイントをご紹介しました。

 

家庭菜園をしてみると、栽培している野菜がとてもかわいく思えてきます。

実を収穫した際は、たとえ売っているものに比べて小さかったり、不格好だったとしてもとてもうれしいものです。

 

みなさんも是非、家庭菜園にチャレンジしてみてくださいね。

スポンサーリンク

サブコンテンツ

このページの先頭へ