初心者でもOK!プランターで出来る野菜栽培!

プランター菜園は、アパートなどで庭や畑などの植えるスペースのなくても、ちょっとした空き地やベランダで野菜を作ることができます。

また、移動も自由なので、成長に応じてレイアウトを楽しむこともできますね!

 

今回はそんな手軽に楽しめるプランター菜園についてご紹介します。

 

どんな野菜を作れる?プランターで作れる野菜の種類

 

プランターは畑とは違い、土の深さやスペースに限りがあります。

大根やゴボウなどといった、根を深く下ろすものには向いていませんが、プランターでも作ることのできる野菜は意外と多いです。

 

プランターでも作ることのできる野菜を下記にまとめました。

 

実がなる野菜→ミニトマト・ナス・ピーマン・シシトウ・トウガラシなど

ツルもの野菜→キュウリ・ニガウリなど

葉もの野菜→リーフレタス・コマツナ・ホウレンソウ・シュンギク・シソ・バジルなど

根菜→ジャガイモ・ニンジン・カブ・ワケギなど

 

最近では品種改良の技術も進み、プランター菜園用の野菜として、小さなサイズの「ミニ野菜」「ベビー野菜」という野菜も市場に出回っています。

この技術により、今後はもっとプランター菜園で作ることのできる野菜が増えることが期待されます。

 

プランターは深めのものを選ぼう

 

プランター菜園で使うプランターはできるだけ深いほうが良いです。

野菜を育てるには、花を育てるよりも多くの肥料を必要とするので多くの土が必要となります。

スポンサーリンク

また、土深くに根を張らせることによって、地上部を安定させますし、支柱を立てる場合にも安定しやすいです。

 

そのため、ガーデニング用の通常のプランターよりも深めのものを選ぶことをおすすめします。

近年では、「菜園用プランター」という深さと奥行のあるものも売られています。

プランターというと、長方形のものを想像しがちですが、正方形や円形など、さまざまなものがあるので、野菜が育ちやすい深さや置き場所を考慮して選ばれることをおすすめします。

 

手軽な袋栽培とは?

 

培養土の入っている袋をそのまま利用して作る方法もあります。

20リットルの培養土の下部に水抜き穴をあけ、袋を開封して、そのなかに苗や種を植えるだけです。

 

ジャガイモの栽培で用いられることの多い方法ですが、そのほかの野菜も作ることも可能ですし、プランターでは難しい大根の栽培にも挑戦することができますよ!

 

プランターを買う必要もなく、道具もほとんど使わずに済むので便利ですよね!

 

プランター菜園には培養土がおすすめ

 

野菜を上手く育てるには、赤玉土や、腐葉土などさまざまな特徴を持った土をバランスよくブレンドして、最適な土を作る必要がありますが、プランター菜園初心者さんには、どれが必要な土か、どのような配合が良いのか、全くわかりませんよね。

 

長年菜園の経験のある人は、試行錯誤を繰り返し、自分独自の配合で最良の土を作れるのかもしれませんが、それは初心者には真似のできない高度な技術です。

 

そこで、あらかじめさまざまな種類の土をバランスよく配合した商品が「培養土」です。

images

培養土には、赤玉土、腐葉土、バーミキュライト、パーライト、元肥などの菜園に必要な土が配合されていて、ナス用、トマト用など、野菜によって配合が異なります。

 

培養土を購入すれば、それらを自分で配合する手間が省ける上、プランター菜園のように少量の土が必要な場合には、それぞれの土を個別に買うより経済的です。

 

培養土の選び方

培養土の値段はピンキリで、25リットルで300円程度のものから、1500円以上する高級品まで、さまざまです。

 

安すぎる培養土は、原料の品質管理が不十分で、雑草の種子が混ざっていたり、場合によっては雑菌や病原菌が混じっていたりすることもあります。

気にならない方なら良いですが、安全な野菜作りをしたい方は、有名メーカー製の品質管理が徹底されている培養土を購入することがおすすめです。

スポンサーリンク

培養土は一度購入すれば、少し肥料を入れるなどの手を加えることで繰り返し使えるものなので、長期的に見れば、大きな出費にはならないかもしれませんね。

 

また培養土は形状もさまざまで、細かい土と、ペレット状に加工された粒状培養土があります。

 

プランター菜園の場合は、密閉性が高いので、保肥力、保水力に加え、排水性が求められます。

そのため、プランター菜園には、粒の間からの排水性の高い、粒状培養土を選ぶことがおすすめです。

 

プランター菜園の注意点

プランター菜園をする上で注意しなければならないのは重量です。

 

一般的な培養土の重さは、同じ体積の水と比べて、1.5倍ほどです。

それに水分や作物の重さをプラスすると、ある程度の重さになるので、ベランダ菜園などで、いくつもプランターを置きたい場合は、建物の耐重量があることも頭に入れておきましょう。

重量を軽くしたい場合は、屋上緑化などで使用される軽量土を使う方法もあります。

 

また、プランターの劣化にも気をつけましょう。

 

プラスチックのプランターは寒暖の激しい場所や、日光のあたる屋外に放置すると劣化して細かいヒビが入ってきます。

運搬の際にプランターが破損して落下することや、割れた部分で怪我をすることもあるので注意してください。

スポンサーリンク

サブコンテンツ

このページの先頭へ