業務スーパーの冷凍野菜に栄養はあるのか?健康への効果とは?

皆さんは、業務スーパーをご存知ですか?

業務用の品物を取り扱っているスーパーなので、お店を経営する方が買いに来ていると思っていたのですが、個人のお客さんもかなり多いのだそうです。

沢山入っていて料金もお得なのが魅力ですよね。

業務スーパーの冷凍野菜ですが、生野菜に比べて栄養や健康的にはどうなのでしょうか?

今回は、業務スーパーの冷凍野菜について調べてみました。

冷凍野菜でも新鮮な野菜と栄養価は変わらない?!

冷凍野菜は冷凍することによって、野菜の栄養素が失われていると思っている方も多いでしょう。

しかし、冷凍野菜は新鮮な生野菜と栄養価はさほど変わりません。

その理由がどうしてかは、気になる方も多いでしょう。

それでは、冷凍野菜の栄養価が変わらない理由について、具体的に見ていきましょう。

収穫後すぐに冷凍するため鮮度が保たれる!

スーパーやお店などの野菜で、店頭に並ぶまで時間がかかり鮮度も落ちてしまうと、ビタミンなどの栄養価もどんどん落ちてしまうのだそうです。

それに比べ、冷凍食品は収穫後すぐに冷凍されるため、栄養価も高い状態を保つことが出来るのです。

ここで、興味深い米国の調査の話を紹介します。

2007年に米国で行われた調査によると、ブロッコリーに含まれるビタミンCは、収穫して1週間もすると50パーセント減少するのに対し、収穫してすぐに冷凍保存されたブロッコリーは、1年経過しても10パーセント程度しかビタミンCが減少しなかったそうです。

そのため、収穫してすぐに冷凍保存された野菜は、新鮮な野菜と栄養価がほとんど変わりません。

冷凍することで、酸化や酵素の働きを抑制し、細菌の増殖も防げるため、野菜の品質を保つことが出来るのです。

旬の野菜を冷凍しているから栄養もたっぷり!

冷凍野菜は、美味しく、栄養価が一番高くて、たくさん取れる旬の時期の野菜を使っています。

例えば、旬のほうれん草のビタミンCの量は、他の時期のほうれん草と比べると4倍多く含まれているそうです。

確かに、取れたての旬の野菜が一番栄養価の高い野菜となるのですが、季節外れや、鮮度の落ちた野菜を食べるより、冷凍野菜を食べたほうが栄養価が高いということなのです。

そのため、下手に季節外れの生野菜を食べるよりも、栄養価が高いと言えるでしょう。

旬の野菜を冷凍している冷凍野菜は、健康維持のためにおすすめの野菜の一つです。

自分で冷凍してもいい?市販の冷凍野菜との違いは?

冷凍野菜の栄養価が高いことについては、理解してもらえたでしょう。

それでは冷凍すると栄養価が保てるなら、自分で冷凍したらどうなのかと思いませんか?

販売されている冷凍野菜と自分で野菜を冷凍保存する違いはあるのでしょうか?

市販の冷凍野菜が高い栄養価を保てるのは、ブランチングと呼ばれる加熱処理と急速冷凍をしているからです。

野菜は水分が多いので、そのまま冷凍してしまうと食感が変わってしまいます。

ブランチング処理をすることで、冷凍前の食感を保ち、また急速冷凍することで、品質が良い状態のまま冷凍することが出来るのです。

そのため、私たちが冷凍する場合に比べると、市販の冷凍野菜は野菜の栄養や風味、味といった品質を落とすことなく、より良い状態で冷凍されて売られていると言えるでしょう。

スポンサーリンク

冷凍野菜の健康への影響と安全性

冷凍野菜の栄養価が高いということは理解してもらえたと思いますが、具体的な健康面への影響について説明します。

栄養価が高くても、健康に悪いものが使われていないか心配な方も多いでしょう。

さらに業務スーパーの商品は量も多くて、お手軽な料金のため、クオリティがちょっと心配ですよね。

冷凍加工した野菜なので、添加物の使用についても気になるところでしょう。

まず、料金がお手軽なのには、ちゃんとした理由があります。

冷凍野菜は、旬である時期に収穫しているので収穫量が多くなり、その分コストも抑えることが出来るのです。

そのため、冷凍野菜は比較的安価で手に入るというメリットがあるでしょう。

また、冷凍野菜は、急速冷凍された後、約-18度に保たれていますので、酸化や細菌の繁殖を抑えることが出来ます。

ですので、酸化防止剤や、保存料などの添加物を使う必要のない場合もあり、実際添加物を使用していない冷凍野菜も売られているのは注目でしょう。

多くの食品添加物には発がん性の可能性があると言われているので、添加物には気を付けた方が良いです。

ただし、添加物は冷凍食品に限らず加工食品でも用いられています。

添加物が使われている場合でも、たくさんの量が使われているわけではないということを頭に入れておきましょう。

日本では、食品衛生法によりきちんと管理されてはいますが、原産国や添加物を気にされる人は、買う前にきちんとパッケージ表記を確認してください。

2002年には中国産の冷凍ほうれんそうから、有害物質のクロルピリホスが検出されました。

さらに2007年には、中国製冷凍ギョーザからメタミドホスという有害物質が検出されています。

冷凍野菜を購入するときも原産国や添加物を確認し、自分が納得のいくものを買うようにしましょう。

業務スーパーで冷凍野菜を買うときのコツは?

冷凍野菜は、-18度に保たれることによって、その品質を保っています。

管理が悪く、溶けて凍ってを繰り返している冷凍野菜は、霜が多くついています。

選ぶときは、冷凍ケースできちんと凍っており、パッケージに霜がついていないものを選びましょう。

また、購入後持ち帰る際は、冷凍野菜の品質を守るために、溶けないような工夫が必要です。

1.買い物の最後に冷凍野菜を手に取るようにする。

2.冷凍野菜を購入するときは、保冷材や保冷袋を利用する。

3.冷凍野菜を1袋でなく3~4袋まとめ買いする。

どの冷凍野菜を選ぶかも重要ですが、自分の買い方でも冷凍野菜の品質は変わってきます。

せっかく買うのですから、出来るだけ良い状態で運ぶよう心がけましょう。

スポンサーリンク

業務スーパーの冷凍野菜が余った場合の保存方法は?

業務スーパーで売られているものは、容量の大きな品物も多いと思います。

せっかく良い状態で保存してきたのに、封を開けて残った野菜はどのように保存すれば良いのでしょうか?

封を開けた冷凍野菜は、調理を始める前に、残った野菜の入った袋の空気をしっかり抜いて密閉容器に入れて冷凍庫で保存するか、開け口をテープで止め、冷凍用袋に入れて冷凍庫で保存すれば、品質を落とさずに保存が出来ます。

開けたら出来るだけ早く、空気に触れないようにして保存することがポイントでしょう。

ジップロックなどの商品を使って、空気を抜いて密封すると酸化を予防することもできます。

サランラップを使って、小分けに保存する方法もあるでしょう。

また、冷凍野菜は自然解凍せずに、冷凍のまま調理するのがおすすめです。

自然解凍をしてしまうと、水分が流れ出てしまって食感も損なわれるでしょう。

冷凍野菜をそのまま調理することが、美味しく食べるコツになっています。

まとめ

冷凍野菜は栄養価が低いと思われがちですが、新鮮な生野菜とあまり変わりません。

むしろ、季節外れの生野菜を食べるよりも、栄養価が高いのが特徴です。

業務スーパーを上手に使えば、栄養価が高くて経済的な冷凍野菜を買うことができるでしょう。

業務スーパーの冷凍野菜なら時季外れの野菜を手軽に食べられ、しっかり栄養分を取ることもでき、しかも量もあるのでお得ですよね。

また、値段だけでなく、冷凍加工された食品ですので、野菜の原産地、また添加物など気になる部分はしっかり確認して、安心できるものを選びたいところです。

冷凍野菜は旬の野菜を使っているので、栄養価も高く疲労回復など様々な効果が期待できるでしょう。

冷凍野菜を上手く活用して、健康維持を目指して頑張ってください。

他にも野菜に関する

役立つ記事を書いています!

是非ご覧ください!

↓↓↓

ブログの目次はコチラ

 
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする