有機野菜(オーガニック)とは?無農薬野菜との違いを解説!

今流行りの有機野菜やオーガニック、活用している人は多いでしょう。

専門のショップもできるようになり、今まで見たことのなかった野菜や調味料などとの出会いも待っています。

 

そんな有機野菜(オーガニック)は無農薬野菜とは違うの知っていますか?

有機野菜が無農薬で作られた野菜ではないということなんです。

 

では、2つの違いって何なのでしょうか?

 

有機野菜(オーガニック)はこんな野菜のこと!

images

さっそく有機野菜(オーガニック)から見ていきましょう。

 

有機野菜とは有機JAS規格という農林水産省が制定した規格に則った上で育てられた野菜たちのことを指しているんです。

ダウンロード

では、この有機JAS規格ってどんな規格なんでしょうか?

 

  • 単年作物は2年以上、永年作物は3年以上、禁止されている農薬や化学肥料を使わずに栽培していること
  • 野菜を育てている環境の中で化学肥料などが飛散したり、混入されないこと
  • 遺伝子組み換え野菜ではないこと
  • 害虫を駆除する際に、農薬に頼らずに育てる

 

この4点をしっかりクリアしていることができれば、その野菜は有機野菜ということができるんです。

食の安全性が問われている今、この規格をしっかり守って作られた有機野菜は、その他の野菜よりも信頼できるでしょう。

スポンサーリンク

無農薬野菜ってどんな野菜?

images

続いて、無農薬野菜の説明へ。

 

無農薬野菜とは・・・

ずばり言葉のとおり野菜を育て始めてから収穫するまでの間農薬を使っていないということを指しています。

ダウンロード

 

言葉からは簡単にどんな野菜か理解はできるのですが、注意しておかないといけないことがあります。

 

それが、栽培期間中に農薬を使わなかったということ=無農薬野菜になるわけで、栽培期間外に農薬を使ったという場合には話が変わってきます。

 

栽培期間外というのは、つまりは去年の土に農薬が残っていたというパターンです。

images (1)

 

これは、知らないうちに農薬が混ざってしまっていることになりますが、規定としては無農薬野菜として表示することができるんです。

スポンサーリンク

よって、無農薬野菜の場合は100%無農薬かどうかは野菜ができた土を調べてみないとわからないということになるんです。

 

まとめ

 

さてさて、有機野菜と無農薬野菜の違い、いざ深く掘り下げてみるとどっちを買えばいいの?と悩んでしまいます。

私のおすすめはズバリ有機野菜です。

 

ちゃんと有機JAS規格に基づいて作られているので、知らないうちに農薬が混じってしまっているかもしれない無農薬野菜よりは信頼して購入できるのではと思います。

 

特に、小さなお子様のいるご家庭では家族が口にするものには注意したいと思うはずです。

街に増えつつある有機野菜のお店を上手に利用しながら、野菜について知っていくといいでしょう。

 

そこから野菜を育てる楽しみも見いだせると、本当の意味で安心できる野菜を自分たちで作ることもできますね。

スポンサーリンク

サブコンテンツ

このページの先頭へ