人参ジュースはガンに効果あり!?おすすめレシピなどは?

ガンに効果があるとされる治療法や予防法は、インターネット上にたくさん情報があります。

 

その真偽は定かではありませんが、ガンにかかりたくないという気持ちや、ガンにかかってしまったときに、どんな治療法でも試してみたい、と思うのは、自然な気持ちだと思います。

ひらめく

 

そんな情報のひとつとして、「人参ジュースがガン予防に効く」という情報を目にした方もいらっしゃるかもしれません。

 

一見無関係な人参ジュースとガンには、どんな関係があるのでしょうか。

 

人参ジュースとゲルソン療法

 

ゲルソン療法という言葉をご覧になったことはありますか。

 

がん予防や、がん治療の食事療法のひとつで、マックス・ゲルソン医学博士が1930年代に開発した食事療法のことです。

 

コック

 

ゲルソン療法では、厳格な食事制限が設けられます。

 

塩分を完全に排除したり、油脂やたんぱく質の制限があります。

 

また、「多種類の果物や野菜ジュースを大量に摂取しなさい」という決まりがあります。

どれくらい大量かというと、「グラス1杯のジュースを、1日に約13杯」というくらいの量です。

スポンサーリンク

そのほかにも細かい決まりがいくつかあるようですが、ガンの原因になってしまう可能性のある食品を一切排除して、無農薬の野菜や果物を大量に摂取することで、体内の免疫力を高めることが目的のようです。

 

このゲルソン療法のひとつとして、「ガン予防、ガン治療として、人参ジュースを摂取しましょう」というように取り上げられているわけです。

 

どうして効果があると言われているの?

 

ゲルソン療法の食事療法は、体の免疫効果を高めることが目的とされています。

 

人参ジュースに限ったことでありませんが、良質な果物や野菜をジュースとして摂取することで、通常の食事よりも栄養素が摂取されやすくなるというわけです。

 

人参の栄養素であるβカロテン、カリウム、食物繊維には、それぞれ、

 

βカロテン:体の粘膜や皮膚、免疫機能を正常に保つ

カリウム:ナトリウムの排泄を促して血圧を下げる、筋肉の動きをよくする

食物繊維:血糖値の急激な上昇を抑えたり、腸内環境を整える

 

という効果があります。

 

こういう効果がある人参ジュースを大量に摂取することで体の免疫機能を整えて、ガンを予防したり、ガンの克服を目指すということなんですね。

スポンサーリンク

どういうレシピで作ればいいの?

 

人参ジュースだからと言って、ただただミキサーにかけて作れば効果が出るかというと、そういうわけではなさそうです。

 

摂取したい栄養素をなるべく壊さないようにすることが大切なので、できれば高速ミキサーにかけることは避けたいところ。

 

なるべく低速で回せるようなミキサーで、作ったら時間をあけずに飲むこと。

ミキサーでも、ジューサーでも、かけすぎると栄養素が壊れてしまうので、かけすぎないことがポイントです。

 

また、飲みづらいものでは人参ジュースを飲むこと自体がストレスになってしまうので、

 

にんじん×りんご×レモン

 

などが口当たりもよく、多くの人が摂り入れているレシピのようですよ。

 

まとめ

 

ゲルソン療法はガンに効果があるとはっきり証明されている療法ではないようですが、全くこの通りにできなくても、人参ジュースを生活に取り入れることで、体の調子を整えることはできそうですね。

 

日持ちさせることができないジュースなので、時間のあるときに試してみると、体にうれしい変化があるかもしれません。

スポンサーリンク

サブコンテンツ

このページの先頭へ