無農薬野菜は危険!?栄養面や健康にはどうなの?

最近…と言わず昔から、健康のために…と無農薬や低農薬栽培の野菜を購入する方がいると思います。

残留農薬とかいろいろこわい噂を聞くと、やっぱり避けたくなっちゃいますよね。

 

でも、中には無農薬野菜も危険!?なんて噂も。

そこで、気になる無農薬野菜の栄養面や健康への影響について、調べてみました。

 

そもそも無農薬野菜と普通栽培の野菜って…?

ダウンロード

違いは農薬を使っているか使っていないかと単純明快ですが、普通栽培の野菜ってどのくらい農薬を使っているのでしょう?

農薬には大きく分けて2種類あり、農作業(害虫駆除など)を助ける役割を担っているものと、作物を見目よく育つために使われるものとがあります。

 

これらに使われている農薬は国の安全基準にクリアしたものとなります。

 

ただ長いこと農薬を使っていると、耐性のある害虫が出てくることもありますし、作物をより大きくきれいに…と意識して育てられた野菜は、栄養価は低いと言われています。

 

また、農薬の使用により土壌汚染となり、環境問題などにも発展することもあります。

 

無農薬=安全とは言い切れない理由

スポンサーリンク

無農薬野菜は農薬を使っていないので、人にも環境にも優しい…と思われがちですが、実はそうでもない…かもしれないお話をしたいと思います。

 

農薬を使わない…ということは、見た目が悪い曲がりくねったきゅうりだったり、虫食いがある野菜だったり…想像すると思います。

まあそういうのは安全な証拠…と気にしない方が多いと思います。

 

でも、農家の方は虫をそのままにしているわけではありません。

防虫ネットなどの害虫駆除対策を行っています。

そういったたくさんの労力を考えたら、無農薬野菜が高いのもうなずけますね。

 

ところで、ネットなどでは防ぎぎれない害虫はどうすると思いますか?

手で一つ一つ…なんて限りがありますし、放っておいたら収穫に影響が出て大変なことになります。

その場合は農薬ではない薬、つまり国が検査していない安全基準をクリアしているかどうかも分からない薬剤が使われてしまうんです。

 

最近では天然由来の安心安全な薬剤も増えてきたと聞きますが、ちょっと怖いですよね。

 

余計なものを使わない無農薬野菜、栄養価は高い?

 

昔と比べて野菜などの栄養価が低くなっている…という話を聞いたことはありませんか?

 

それは野菜の見た目をよくするためだったり、害虫や病気などに負けないために必要なこと。

 

では、無農薬野菜なら昔に近い方で作られているから、栄養価も高いのでは?と気になるところだと思いますが、無農薬で手間暇かけて栽培されているだけあり、野菜本来の旨みがあるだけではなく、栄養価も高いと言われています。

栄養が高い=健康にもいい?

 

栄養価が高いということは健康もいいのでしょうか。

確かに栄養価が高ければ、食べることで栄養が吸収されるので、身体の調子を整えることができる(健康にいい)と言えるでしょう。

ただ先にも述べたように、国の基準がいの薬剤が使われていることもあるので、一概にはいいとは言い切れません。

 

最近見かける有機JASマーク、有機栽培はどうなの?

スポンサーリンク

無農薬と並んで健康食材として注目されているのは、有機栽培で育てられた野菜ではないでしょうか。

 

有機栽培は化学肥料などを一切使わず、自然に優しい有機肥料が使われています。

有機JASマークの審査基準は厳しく、有機栽培をしているだけでは不十分。

 

3年以上化学肥料を使われていない土地で栽培されているなどの条件があります。

 

ということは、有機JASマークのない農作物は残留農薬などがある土壌で栽培されただけ…なんていうこともあります。

 

有機栽培の野菜もおいしく栄養価も高い…と言われていますが、本当に安全安心のものをいただきたいのであれば、有機JASマークを気にしたいところですね。

 

安全なものを食べたい!でも高いよね

 

2011年の東日本大震災以降、消費者の健康意識などは高まり、産地や原産国を確認して食材を購入する方が大多数。

 

そして、いいものを口にしたい…と思うのだけれど、無農薬野菜や有機栽培の野菜はどうしても割高になってしまいます。

 

すべてを無農薬野菜や有機栽培の野菜で揃えるのは家計的に苦しいですが、少しだけ意識するだけでもだいぶ違うでしょう。

 

また食用の重曹を使うことで、残留農薬を除去できる方法もあるので、気になる方はぜひ試してみてくださいね。

 

【用意するもの】

食用の重曹…大き目のボウルに対し小さじ1程度。

水…適量

ボウルなど水を溜められるもの

【方法】

①ボウルに水を入れて重曹をよく溶かす。

②気になる野菜を30秒~1分ほどつける。

③流水できれいに洗い流す。

 

たったこれだけなのに、残留農薬はほとんど除去されるそうです。

長いことつけてしまうと、野菜の栄養(ビタミン)が逃げ出してしまうので注意してくださいね。

 

食材を見る目を養おう

 

健康を意識していたのに無農薬野菜が必ずしも安全ではないと知って、驚いた方もいるのではないでしょうか。

 

大切なのは食材を見る目を養うこと。

旬を知っていればおいしく栄養価の高い野菜を口にできますし、収穫期の操作などで農薬を使われた野菜を口にすることもなくなります。

 

あなたは自分の食材を見る目、自信がありますか?

スポンサーリンク

サブコンテンツ

このページの先頭へ