簡単に栄養摂取!切り干し大根の作り方!

ご存知ですか?

切り干し大根は家庭で簡単に作れることを。

 

サンサンと降り注ぐ太陽の光と大根があれば、作れてしまうんです。

昔の人は素晴らしいですね。

干して食べてみようと考えつくなんて。

 

科学的な根拠も認められる、栄養価を十分に引き出す技に脱帽です。

やっぱり昔の人はすごい!

 

今まで切り干し大根は買うものだと思い込んでいた私が、切り干し大根の作り方と今大流行の乾物レシピをご紹介します。

 

生大根と比べて切り干し大根はどうなのか?

 

大根の栄養について、当サイトでも数々ご紹介しておりますが、その大根に太陽という宇宙最大のパワーをプラスすると、素晴らしい魔法がかかるのです!

 

ほかにも干し柿も、干ししいたけも、干し貝柱もみんな太陽のパワーで生よりも栄養価が高くなります。

切り干し大根も同じで、生と比べてカルシウムは約23倍、食物繊維は16倍にも跳ね上がります。

ビタミン、鉄分も豊富。

太陽の恵みを頂戴できるのですね。

 

おうちでできる、簡単栄養切り干し大根!

 

太陽と大根さえあれば、栄養満点の切り干し大根が簡単に作れます。

家庭菜園でとれた、少し形の悪い大根を干せば、自給自足。

節約生活の頼もしい食材となりますね。

スポンサーリンク

では、切り干し大根の作り方をご紹介しましょう。

大根の切り方もいろいろありますが、ほんの一例です。

自分でアレンジしても良いと思いますよ。

 

  1. 大根は半分または3つに分ける
  2. 大根の皮を向く(家庭菜園など、農薬の心配がなければ皮つきでもOK)
  3. 5ミリくらいの輪切りにする
  4. 輪切りにした大根を何枚か重ね、7ミリくらいの太さに千切りしていく
  5. どんどん平らなザルにうつし、そのまま天日干しにする

 

日照りにもよりますが、だいたい2週間くらいでできあがるでしょう。

 

また、マンションやほこりが気になる場合は、万能干しカゴで干すことをおすすめします。

ダウンロード

乾物干しカゴ(乾物ネット)といって、干物などを作るときに使います。

 

昔ながらの魚屋さんに青いかごが吊ってあるのを、見かけたことありませんか?

“干しカゴ”で検索すれば、ネットでも買えますが、釣道具屋やホームセンターのほうが千円前後で手に入ります。

 

干しカゴの場合は、1週間干せば、できあがります。

3段になっていて、一度に大量に干せるし、干しかごのほうが便利かもしれません。

 

簡単レシピがいっぱい!

 

切り干し大根をお湯で5分もどせば、あとは簡単!

サラダにしたければ、スライスしたキュウリを軽く塩もみし、カニカマ、ハム、トマトなどをマヨネーズで会える。

10分もしないで1品完成です。

 

残りものや、家にある食材でできるのです。

ツナ缶であえたり、春雨や水菜、カイワレとあえてみたり、ドレッシングにこだわって、ゆずポン酢やゆず胡椒、白だしをかけたりといろいろなバリエーションで1品、2品とおかずが増えていきます。

スポンサーリンク

でも、やっぱりおふくろの味が一番だと思いませんか?

切り干し大根といえば、定番の味!

切り干し大根、ニンジン、油揚げの煮物が懐かしい味で、心がほっこりする日本人の味ではないでしょうか?

たくさんある切り干し大根のレシピの中で、一番おいしいのは、やはり出汁で煮た切り干し大根だと思います。

 

疲れがとれる、ほっこりとする、おふくろの味はどんなレシピより勝る最強のレシピといえるでしょう。

 

おっと!切り干し大根を水で戻したら栄養が逃げてしまう!?

切り干し大根に含まれるカリウムやうまみ成分は水に溶けだし、逃げてしまうこと、ご存知でしたか?

 

お湯で戻さないで、あえ物に混ぜたり、素揚げしたほうが、切り干し大根が本来持っているうまみ成分まで逃がさずに美味しくいただけるそうです。

スープにすれば、そのままもれなく食べられます。

 

ただし、干している間に、ほこりがつきやすいため、よく水洗いするほうがよいでしょう。

 

また、干ししいたけのように、戻した煮汁を料理に使うことはできません。

戻した水は、迷わず、捨ててしまいましょう。

 

ヨーグルト&切り干し大根

もっとおすすめなのが、ヨーグルトで戻す切り干し大根です!

切り干し大根3gに対して、ヨーグルトは30gほど。

最初は、好みもあるので、少量で試してみてください。

乾燥したままの切り干し大根をヨーグルトで戻して、7~8時間ほど冷蔵庫で寝かせれば、切り干し大根がヨーグルトの水分で柔らかくなります。

 

切り干し大根を食べない子どもに食べさせたい!と考えているのでしたら、このままでは食べません。

我が家は一口食べておしまいでした。

必ずやってほしいことは、よく水でもみ洗いし、1分ほど水につけることです。

(※1分以上つけてしまうと、ヨーグルトで戻す意味がなくなります)

これをしないと、苦味が残って、子供にさらに嫌われてしまいます。

 

子どもが好きな、コーンやマヨネーズ、たらこを加え、黙ってテーブルにだしてみましょう。

パクパク食べてくれること、間違いなしです。

 

  1. 水分を切った切り干し大根を、食べやすい大きさに切る
  2. ヨーグルトをまぜて少しおく(軽く戻してあるので、柔らかくなるまで。室内でOK)
  3. マヨネーズ、たらこ、コーンなどお好みの具材をまぜあわせ塩・コショーで味を調えて出来上がり

 

完全にヨーグルトで戻すというレシピではありませんが、子どもや切り干し大根が苦い場合は、お試しください。

 

まとめ

 

切り干し大根の栄養は、カリウム、鉄分、豊富な食物繊維です。

切り干し大根の栄養やうまみは、戻した時に水に溶け出てしまうので、ヨーグルトで戻したり、あえ物にまぜたりするとまるごと栄養が摂取できます。

切り干し大根を作る際のマストアイテムは、干しかごです!

スポンサーリンク

サブコンテンツ

このページの先頭へ