犬に野菜を与える時に食べてはいけないものは?

ペットは家族の一員ですから、愛犬の健康も気になるところですよね。

野菜は人間にも健康を促進してくれるので、愛犬にも与えたいと思っていらっしゃる飼い主さんもいらっしゃるのではないでしょうか?

普段ドックフードだけを与えていると、はたして犬にあげていいもの、あげてはいけないことも躊躇してしまいますよね?

 

今日は、犬に与えて効果の期待できる野菜と犬に与える場合に注意が必要な野菜について調べてみました。

 

犬には野菜をあげてもいいの?

images (1)

さて、犬に野菜をあげてもいいのでしょうか?

 

ドックフードには、犬に必要な栄養の多くを含んでいます。

これまでは、犬は野菜を食べなくても大丈夫だと言われてきましたが、最近は野菜に含まれる食物繊維が犬の健康に役立つことが分かってきています。

 

犬を散歩に連れていくと、道端の草を食べようとし始めたりすることはありませんか?

犬は胃もたれや、消化不良を改善するために本能的に食物繊維を取ろうとしているかもしれません。

道端に生えている知らない草を食べさせるより、飼い主さんも安心できる野菜をあげる方がいいですよね。

 

ただ、人間と違い犬が食べてもよい野菜と、注意しなくてはならない野菜があります。

次に、犬が食べてはいけない野菜を見ていきましょう。

 

犬が食べてはいけない野菜

人間が食べても大丈夫な野菜の中にも、犬が食べると健康をそこねてしまう野菜や、食べさせる量を注意しなければならない野菜があります。

どんな野菜があるか見ていきましょう。

 

ネギ類

長ネギ、玉ねぎ、ニラには、アリルプロピルジスルファイドという成分が犬の赤血球に反応する物質により、貧血や血色素尿症が起こる危険があります。

オニオンスープなどのエキスや、ハンバーグに含まれる玉ねぎも危険です。

 

アボカド

アボカドに含まれるペルジンに毒性があると言われています。

多量の摂取で、おう吐や下痢などの胃腸の炎症を起こす可能性があります。

スポンサーリンク

ニンニク

多量に摂取した場合、玉ねぎと同様にアリルプロピルジスルファイドを含んでいるため貧血などが起こる可能性があります。

ただし、玉ねぎほど含まれていないため、問題となるのは多量に摂取した場合のみと考えていいようです。

 

少量であればむしろ強い体を作るサポートをしたり、ノミやダニを寄せにくくするともいわれています。

与える量が分からず不安な場合には、ガーリックサプリメントなどを利用することをお勧めします。

 

ほうれん草

ほうれん草のシュウ酸が結石の原因になることがあるようです。

シュウ酸は、アクに含まれる成分なので、茹でたりしてあくを取りシュウ酸を減らすことができます。

 

どのように野菜をあげればいいの?

犬は、食べさせてはいけない野菜を除いては、多くの野菜を食べることが出来ます。

お勧めは、ドックフードなどに野菜をトッピングする方法です。

 

ただしドックフードは最適なバランスで作られているので、トッピングは少量にして、同じ物ばかり与えないようにして栄養の偏りを避けるようにしましょう。

 

また、野菜に含まれるセルロースを犬は消化できないので、適量であれば体に良い成分でも、大量に摂取すると胃腸への負担となり、下痢や便秘などを起こしてしまうかもしれません。

細かく刻んだり、すりおろして与えるなど工夫して与えましょう。

 

愛犬に与えるお勧めの野菜と与え方

犬に野菜をせっかくあげても、食べすぎて下痢をしてしまったりしないように、ドッグフードにトッピングする場合も様子をみながら少量与えましょう。

ここからは、お勧めの野菜を紹介していきます。

 

キャベツ

キャベツは、犬の体質とも相性の良い食物繊維を含んでいます。

ただ、生のままあげてしまうと、かさが大き過ぎて食べにくく、また吐き出してしまったりすることもあるかもしれません。

ですので、犬にキャベツをあげるときは、短時間茹でて柔らかくし、細かく刻んでトッピングとしてあげましょう。

 

ブロッコリー

ブロッコリーに含まれるビタミンCは、免疫力を高める効果が期待できます。

また、ブロッコリーの食物繊維も取ることが出来ます。

しかし、ブロッコリーの芯の部分は食物繊維が豊富で犬が食べると下痢してしまう可能性もあります。

房の部分を茹でて、少量与えるようにしましょう。

スポンサーリンク

にんじん、カボチャ

にんじんやカボチャには、体が酸化することを防いだり、ストレスから体を守ったりする働きのあるカロテンを豊富に含んでいます。また、食物繊維も取ることができます。

にんじんは生のまますりおろしたり、茹でてから細かく刻んで与えましょう。

ヘタの部分は与えないようにしましょう。

カボチャは、茹でてから細かくつぶして与えましょう。

 

大根、カブ

大根やカブにも犬が摂取しやすい植物繊維を含んでいます。

生のまますりおろして少量与えるか、茹でてから細かく刻んで与えましょう。

 

この他、サツマイモ、ジャガイモ、トマトも犬とも相性の良い野菜です。

 

犬の健康状態によっては与えない方が良い野菜について

先ほど紹介した犬にお勧めの野菜の中にも、犬の健康状態によっては与えない方が良い野菜があります。

以下の病気の疑いがある場合は注意しましょう。

 

キャベツ、大根、カブ、ブロッコリーなどのアブラナ科の野菜

甲状腺疾患を持っている犬には与えないようにしましょう。

 

ナス、トマト、ジャガイモなどのナス科の野菜

寄生虫感染をしている犬、関節炎を持っている犬には与えない方が良い野菜となります。

 

まとめ

 

いかがでしたか?

 

野菜は、私たち人間だけでなく、犬にも健康を助けてくれますね。

是非、愛犬が喜んで食べてくれる野菜を探してみてくださいね。

スポンサーリンク

サブコンテンツ

このページの先頭へ