市販のグリーンスムージーで人気やオススメの物は?

最近巷で流行りのグリーンスムージー。

「試してみようかな」と思ってインターネットで調べてみても、

商品の数が多すぎて、一体何を選んでいいのか…

 

そこで今回は、消費者に人気かつ、オススメのグリーンスムージーをピックアップしてみました。

 

選定基準

 

○余計な添加物が入っていないこと

○健康や美容に結果をもたらすもの

 

まず、添加物に関してですが、やはり毎日体内に取り込むものなので、

体に悪影響のある添加物は極力避けたいもの。

 

よくよく調べてみると驚くことに、9割以上の商品に、何らかの添加物が使用されているんですね!

「余計な添加物が入っていないこと」

たったこれだけの基準でかなり商品が絞られそうです。

スポンサーリンク

そして当たり前ですが、きちんとした結果が得られるものを選んでいます。

そもそもの目的が、

「健康になりたい」

「キレイに痩せたい」

といったことだと思うので、この項目は外せないですね。

 

欲を言えばそれでいてかつ、値段がお手頃だったり、味が美味しかったり…

といったことも求めたいところですが、そういった項目は二の次かと思いますので、今回は対象外とします。

やずやの「ずぼらさんの酵素グリーンスムージー」

「数ある粉末タイプのグリーンスムージー。その粉末に何が入っているか、あなたは知っていますか?」

というキャッチコピーで売り出されているスムージー。

香料、着色料、保存料、砂糖などを使用しない完全無添加の優れた商品です。

 

本当に消費者の体のことを考えられているので、安心して続けられますね。

個人的には「ずぼらさん」というネーミングも好きです。

 

原材料

 

・大麦若葉

・バナナ粉末

・デキストリン(水溶性食物繊維)

・含蜜糖

・にんじん粉末

・かぼちゃ粉末

・ピーマン粉末

・サンゴカルシウム(天然カルシウム)

 

特に大麦若葉は農薬や化学肥料を一切使うことなく栽培。

安全面を徹底しています。

 

また、酵素が熱に弱いことを考慮に入れ、原材料の大麦若葉を粉末にする際には、

なるべく熱をかけずに処理するなど、やずやのこだわりを感じます。

 

カロリーは一袋たったの18kcal。

ダイエット商品として素晴らしいクオリティですね。

 

気になるお値段ですが、定期購入なら一食分で約119円とお値打ち品。

※通常購入の場合、一食約132円。

 

低カロリーで、栄養素も手軽にしっかり摂れるので、オススメの一品です。

こだま食品の「酵素スムージー美すがた」

こちらも香料、砂糖、甘味料、着色料などの添加物は不使用。

添加物をなくすことで、人工的な味ではなく、フルーツと野菜の自然な味わいが楽しめまず。

 

この商品の特徴としては、7種類の穀物を原料とした麹の酵素を配合していること。

これにより、味、香り、風味、機能性を最大限に高めることができるんです。

 

原材料

 

・バナナ粉末

・トマト粉末

・大麦若葉粉末

・ケール粉末

・ほうれん草粉末

・穀物麹(大麦、あわ、ひえ、きび、たかきび、紫黒米、米粉)

スポンサーリンク

何だか見ているだけで健康になれそうな原材料ですね!笑

水と合わせるだけでなく、牛乳や豆乳、またはヨーグルトなどで合わせてもらうのもオススメ。

デザート感覚で味わうことのできる一品です。

 

気になるお値段は、定期購入の場合、一食分約166円。

※通常購入でも一食約186円。

カロリーも一食56kcalで、しっかりとダイエットを後押しする内容。

 

今話題の麹が配合されている点にも惹かれますね。

キューサイの「食べるスムージーsaiby」

saibyの4つの特徴

①まるごとフレッシュ製法

第7の栄養素と言われるフィトケミカルに注目し、

野菜やフルーツで最も栄養が豊富と言われている川や種までまるごと使用しています。

 

②安全性の徹底追及

30年以上もの間、青汁作りで培ったノウハウを駆使し、残留農薬検査を行い、安全性の追求を徹底しています。

 

③国産野菜の使用

山口県に工場を持ち、使用する野菜は西日本を中心に全て国産。

一部の柑橘系フルーツは海外産も含みますが、中国産は一切使用していません。

 

④完全無添加

着色料、香料、砂糖、保存料、防腐剤などの添加物と呼ばれるものは一切使用していません。

全て野菜とフルーツだけで作っています。

 

 

気になるお値段ですが、今回紹介する商品の中ではやや高めの一食分約271円。

※定期購入の場合は一食約250円。

 

カロリーに関しては一袋あたり37kcalとこちらもかなりの低カロリー。

 

また、気になる点としては一袋あたりが90gとかなり量が少ないこと。

「この量でこの値段?!」とビックリしてしまう方もいるかもしれませんが、

野菜やフルーツを丸ごと使用していたり、様々なこだわりを考えると妥当なのかもしれません。

 

まとめ

 

「本当に体にいい」という観点で、オススメの商品を紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。

 

いずれの商品も、添加物不使用で体に優しいのは間違いないかと思いますので、

あとは実際に試してみた時の味の好みや、体質に合うかどうかというところが最終的な決め手になるかと思います。

 

味の種類も多岐にわたりますので、是非自分好みの商品を見つけていただき、

「美味しく」「楽しく」結果を出していってくださいね。

スポンサーリンク

サブコンテンツ

このページの先頭へ