グリーンスムージーで健康な体を!オススメ活用法とは?

女優やモデルの間で大流行のグリーンスムージー。

上手に活用すれば、美容やダイエットにはもちろん、病気の予防にもつながります。

 

今回は、健康や美容において具体的にどのような効果があるのか、

また、それぞれの目的に応じたオススメの活用法を紹介したいと思います。

 

グリーンスムージーの飲み方

 

  • できるだけ毎日定期的に飲む
  • 一日一リットル飲むと効果的
  • 食事と一緒には飲まない。他の物を飲食する場合は、前後に40分以上の間隔をあける。

 

基本的なレシピ

使用するのは新鮮な生の葉野菜、フルーツ、そして水のみ。

野菜とフルーツの標準的な割合は4対6程度。

 

目的別オススメレシピ

○乾燥肌にキュウリ+レモンorお酢

キュウリには、肌に潤いを与える効果が。

ただし、キュウリに含まれる「アスコルピナーゼ」という成分がビタミンCを破壊してしまうので、

キュウリを使用する場合は、一緒にレモンかお酢を加えるのがオススメ。

 

○むくみ・二日酔い解消には柿

柿には「タンニン」という渋み成分が含まれており、これがアルコールを体外へ出す働きをしてくれます。

また、むくみを解消する「カリウム」が豊富に含まれていることも特徴。

 

○便秘解消にりんご、プルーン

リンゴは整腸作用に優れており、皮ごと使用するのがポイント。

また、プルーンには食物繊維が多いことに加え、「ソルビトール」というお腹が自然とゆるくなる成分が含まれています。

 

○吹き出物にはパイナップル、バナナ

そもそもニキビなどの吹き出物は、皮膚の代謝が悪くなり、老廃物が毛穴を詰まらせてしまうことによって起こります。

 

パイナップルは高アルカリ性のフルーツで、ニキビの原因であるバクテリアを防いでくれます。

バナナには、肌荒れに効果的なビタミンB6が豊富。皮膚の免疫力を上げてくれます。

スポンサーリンク

○ブルーベリーでアンチエイジング

ブルーベリーには「アントシアニン」という抗酸化成分が含まれており、

活性酸素からのダメージを軽減したり、疲れ目や視力向上にも効果的だとか。

 

○キウイは美白の味方

キウイに豊富に含まれるビタミンCは、コラーゲンの生成を促し、お肌の状態を健康に保ちます。

 

また、シワのできにくいお肌を作ってくれたり、健康な歯や骨の土台にもなってくれる優れた栄養素。

血行も良くしてくれるので、美白に最適なフルーツです。

 

○保湿ならキュウリ

ビタミンCの他イン「コーヒー酸」という成分も含んでおり、お肌を沈静させ、潤いと滑らかさを与えてくれます。

むくみや腫れなどが気になる方にもオススメです。

 

○ポッコリお腹にアボカド

アボカドに含まれる「一価不飽和脂肪」という成分は、血糖値の上昇を緩やかにし、お腹周りに脂肪がつくのを防ぎます。

また、「ビオチン」による爪、お肌、髪の毛の保湿効果も期待できます。

 

○ダイエットにグレープフルーツ

ビタミンCやリコピンを豊富に含むグレープフルーツは、低カロリーなのに満腹感を与えてくれる優れモノ。

また、インスリンの値も下げてくれるため、血糖値の上昇を防ぐことにもつながります。

スポンサーリンク

グリーンスムージーを飲む際の注意点

 

○冬に冷たいスムージーはNG!

冬場に冷たいスムージーを飲み続けると、「内臓冷え」という深刻な冷え性を招く原因となります。

 

また、使用する材料で特に注意したいのは、夏が旬のフルーツや、産地が南国のもの。

「冷え」は不妊や代謝の悪い体質の元。女性は特に避けたいところですね。

 

対策としては、熱いお風呂に入りながら飲んだり、白湯を飲んでから、常温のスムージーを少しずつ口の中で温めて飲むなど。

気温の低い朝を避け、代謝も体温も上がっているお昼間に飲むのもポイントです。

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか。

一口に「健康や美容」といっても、人それぞれ求めるものは違います。

是非これを機会に、あなただけの理想的な一杯を作ってみてくださいね。

スポンサーリンク

サブコンテンツ

このページの先頭へ