グリーンスムージーを飲むとお通じに効果があるのか

美容や健康の為に愛飲している方が人が多いグリーンスムージー。

有名な女優やモデルの間でも大人気ですが、その効果に関しては賛否両論です。

 

そこで今回は、「グリーンスムージーはお通じに効果があるのか」というテーマで記事を書いていきたいと思います。

そもそもどうして便秘になってしまうの

特に女性の悩みとして多い便秘。

お通じが悪いと、一日の気分も下がってしまいますよね。

便秘は食物繊維や水分の不足、また腸内環境の悪化などによって引き起こされます。

 

ここでポイントなのが「腸内環境」です。

元々、腸内環境が比較的良好な方がグリーンスムージーを飲むと、

便秘解消をはじめとする健康効果が期待できるのに対し、

腸内環境のよくない方がグリーンスムージーを飲むと、

さらに便秘が悪化してしまうことがわかっています。

 

これは、グリーンスムージーに含まれる繊維質が消化されにくいために起こります。

まずは腸内環境を整える!

腸内環境といえばやはり乳酸菌です。

グリーンスムージーを試す前に、毎日の生活に乳酸菌を取り入れ、

腸内環境を整えていきましょう。

 

乳酸菌を多く含む食材としては、ヨーグルトやチーズなどがおもい浮かびますが、

日本人の多くは、乳製品に含まれる栄養素を吸収できない体質なので、よりオススメなのは、キムチ、味噌、塩麹などの発酵食品です。

スポンサーリンク

特に味噌に含まれる乳酸菌は植物性の乳酸菌で、胃酸などの酸に強い性質を持っており、乳酸菌が生きたまま腸に届きます。

ちなみに意外と知られていませんが、キムチにはヨーグルトに匹敵するほどの乳酸菌が含まれています。

 

また、別のアプローチとして、乳酸菌のエサとなる「オリゴ糖」を摂取するという方法もあります。

このオリゴ糖が体内で増えれば、それを求めて乳酸菌が増殖していくワケですね。

オリゴ糖を摂取するなら、リンゴ、ハチミツ、ポン酢などがオススメです。

 

そして最後に、悪玉菌を退治してくれる納豆菌も重要であることをお伝えしておきます。

納豆に含まれる納豆菌は悪玉菌を排除するのみならず、腸内の善玉菌をも増やしてくれる優れものなのです。

腸内環境を整えたら、お通じに有効なスムージー作り

グリーンスムージーの作り方はいたって簡単。

好きな野菜とフルーツに、水を加えてミキサーで混ぜるだけです。

結構量が多く、お腹にたまるので、一食分の置き換えによるダイエット効果も期待できる上、水分もしっかり摂取できます。

 

ポイントとしては使用する野菜とフルーツの種類。

何を食材として使用するかによって、健康効果も様々ですから、

今回のテーマである「お通じ」を良くするために有効な食材をピックアップしていきたいと思います。

 

食物繊維が豊富な緑黄色野菜

  • モロヘイヤ
  • 菜の花
  • 春菊
  • ほうれん草

 

食物繊維が豊富なフルーツ

  • アボカド
  • バナナ
  • キウイフルーツ
  • ラズベリー
  • ブルーベリー

 

以上の食材から好きな野菜とフルーツを選びましょう。

どうせ飲むなら、美味しいスムージーの方がいいですからね。

スポンサーリンク

「野菜とフルーツを準備してミキサーにかけて作るだけでも面倒なんですけど」

ハイ。その気持ちわかります。

著者も相当な面倒くさがりなので。笑

 

そんなあなたに朗報です。

今、巷では様々な種類の粉末タイプのぐリーンスムージーがネット上などで販売されており、

とてもお手軽に入手することが可能なのです。

 

粉末タイプであれば、水と合わせるだけでスグにできますし、

毎回野菜やフルーツを準備する手間も省けてとっても便利。

 

気になるお値段も、一食分100円未満で済むものもあるとか!

手軽に準備できてそのお値段ならすごく助かりますよね。

 

まとめ

 

いかがでしたか。

せっかく飲むのであれば、栄養がきちんと吸収できる良好な腸内環境で、

美味しいグリーンスムージーを飲みたいものですね。

 

あなたも、未来の健康と美容の為に、試してみては?

スポンサーリンク

サブコンテンツ

このページの先頭へ