グリーンスムージーを飲むと肌に効果がある?朝と夜どちらに飲むのがいいの?

モデルや女優を皮切りに、最近巷で流行っているグリーンスムージー。

モデルや女優が愛飲しているということは、美容効果が期待できそうな感じがしますが、

果たしてお肌にはどのような効果があるのでしょうか。

 

また、飲むのであれば、一日のどのタイミングで飲めばいいのでしょうか。

美肌効果について

グリーンスムージーには美肌効果があるとして、特に女性からの注目を集めています。

その根拠となるのが、スムージーに含まれる栄養分です。

 

実はこのグリーンスムージー、野菜を生でそのまま食べるよりも効果的に、ビタミンやミネラルを摂取できることがわかっています。

その理由としては、ミキサーなどでスムージーを作る際、

野菜の細胞壁が壊されることによって、栄養が吸収されやすくなるからなんですよね。

 

さらに、豊富な食物繊維も補うことで、便秘解消にもつながります。

お通じが良くなると、体内に老廃物がたまりにくくなるため、美しいお肌が作られます。

スポンサーリンク

逆にいえば、お通じが悪く、老廃物がたまりやすくなっている体質の方は、ニキビができたり、肌荒れが起こりやすくなります。

 

また、緑黄色野菜には「葉酸」や「クロロフィル」という成分が含まれています。

妊娠中の女性は特に多く摂取すべきだとされている「葉酸」には、女性ホルモンの分泌を正常にする働きがあり、体質改善に効果的です。

 

女性ホルモンが正常に分泌されれば、肌荒れや乾燥肌などの肌トラブルの根本的な解決につながりますので、非常に重要な栄養分と言えます。

「クロロフィル」の構造は、人間の血液の分子と非常に似ており、血流を良くする働きがあります。

 

そもそも肌トラブルが起きるのは、血流が悪いことが原因。

つまり、この血流をスムーズに整えることで、キレイなお肌が作られるというわけです。

 

そして何より、グリーンスムージーを飲むことで「天然酵素」を補うことができます。

酵素の働きにより、新陳代謝が活発になり、血流が良くなります。

 

これがお肌の正常なターンオーバーにつながるため、就寝中のお肌の回復力が高まり、美肌効果が得られるんですね。

飲むタイミングとその効果について

グリーンスムージーの特性として、栄養価が高く、一食分の置き換えとして活用できることが挙げられます。

 

つまり、食事と一緒にスムージーを飲んでしまうと、

せっかくの豊富な栄養素が吸収されにくくなったりするなどのデメリットがあるため、

飲むタイミングには注意を払う必要があります。

 

「この時間帯に飲まなければいけない」という決まりはありませんが、

朝、昼、夜、それぞれに適した飲み方があります。

 

まず、一般的に飲まれているのが朝です。

朝は、最も栄養素を吸収しやすい状態なので、グリーンスムージーを飲むには最適のタイミング。

 

一食分に置き換えることでダイエット効果も期待できる上、一日のエネルギーの補給にもなります。

健康や美肌、ダイエットなど、どんな目的にも適しているのが朝なのです。

スポンサーリンク

お昼は太りにくい時間帯なので、フルーツを多めに摂取しても問題ありません。

フルーツは甘みが強く、ビタミンCもたっぷりなので、お昼向きです。

また、空腹感を抑えるという観点からも、フルーツの摂取はお昼のタイミングに適しています。

 

逆に夜は注意が必要です。

夕食を摂ってからは、カロリーをほとんど消費しないので、カロリー控えめの内容にしましょう。

オススメは、レモンやライムなどのクエン酸を多く含む素材を使うこと。

クエン酸の摂取により、一日の疲れが回復するためです。

 

ただし、就寝一時間前からは極力飲まないようにしましょう。

この時間帯は吸収率が悪くなる上、就寝前の消化活動は、臓器に大きな負担をかけてしまうからです。

 

また、どの時間帯においても、緑黄色野菜を数種類同時に使用すると、体に負担がかかることがわかっています。

例えば、ほうれん草と小松菜を一緒に使用するよりも、ほうれん草を中心に作る。

あるいは、小松菜を中心に作ることで、体への負担が軽減されます。

まとめ

 

いかがでしたでしょうか。

お肌に効果的であることは確かですが、グリーンスムージーの摂り方によっては、せっかくの効果も台無しになりかねません。

是非、理想的な効果をあげられるように、食材や飲む時間帯などにも気をつかってみてくださいね。

スポンサーリンク

サブコンテンツ

このページの先頭へ