葉もの野菜の保存方法や冷凍の仕方は?

日々の買い物で、つい安かったからとか、おいしそうだったからと野菜を買いすぎてしまうことってありますよね。

 

1人暮らしの方は、キャベツのような葉もの野菜を丸ごと買ってしまうと、なかなか食べきれないと買うのを躊躇してしまうことはないですか?

 

せっかく買った葉もの野菜を、冷蔵庫でしおらせてしまったらもったいないですよね。

今日は、葉もの野菜の上手な保存方法を冷蔵庫保存と冷凍庫保存に分けて調べてみました。

 

冷蔵庫で鮮度を保ちながら上手に保存するには?

冷蔵庫に保存しておく場合も、保存方法で鮮度が左右されるのをご存知ですか?

せっかく買ってきた葉もの野菜を上手に冷蔵庫で保存する方法を紹介します。

 

青菜類

ほうれん草や、小松菜、春菊などの青菜類は立てて保存すると鮮度が落ちにくいんです!

湿らした新聞紙や、キッチンペーパーで柔らかく包んであげて、ポリ袋に入れ、立てて保存しましょう。

空の牛乳パックを利用すると、青菜を安定してしかも簡単に立てて保存できますね。

spina

キャベツ

キャベツを丸ごと保存する場合は、包丁でキャベツの芯をくり抜いて、くり抜いた部分に濡れたキッチンペーパーを入れてます。

ポリ袋に入れて、キャベツの芯側を下にして冷蔵庫の野菜室で保管しましょう。

cavolo

レタス

レタスを丸ごと保存する場合は、キャベツ同様包丁で芯をくり抜きます。

クッキングペーパーなどにくるんでポリ袋に入れ、芯があった方を下にして冷蔵庫の野菜室に保管しましょう。

 

レタスは水分をそのままにしてしまうと腐りやすいため、レタスを冷蔵庫から出した場合は、毎回包んでいるキッチンペーパーを交換しましょう。

スポンサーリンク

ちなみに、レタスの切り口が茶色く変色するのは、酵素がポリフェノールを酸化させるためです。

包丁を使うと、鉄分でレタスの切り口の色をより変色させてしまいます。

レタスをちぎるときは、包丁を使わず手でちぎるようにして、レタスが変色しないように保ちましょう。

 

白菜

カットした白菜は、ポリ袋などに通期出来るように入れ口少し開けて、野菜室で保存しましょう。

 

白菜を丸ごと保存する場合は、冷蔵庫でなくても冷暗所で保管が出来るのはご存知ですか?

白菜は丸ごとだととても大きいので、新聞紙に包み冷暗所に保管すれば野菜室も他の野菜が入りますよね。

白菜を切り分けたら、野菜室で保管しましょうね。

 

葉もの野菜を上手に冷凍保存する方法は?

冷蔵庫の保存方法を紹介いたしましたが、それでも気温の高い夏場は、野菜が傷みやすいですよね。

冷蔵庫で数日保存するならいいのですが、もう少し長い時間保存できる方法として、葉もの野菜を下処理をして冷凍保存をすることもできます。

 

下処理をしていますから、時間がなくてもすぐにお料理に使えるのが便利です。

数日では使いきれないお野菜でも、冷凍なら冷蔵より長く保存もできますし、また、葉もの野菜はそのままだと何かとかさばるので、下処理をして保存すれば、冷蔵庫のスペースも少なくて済みます。

 

せっかくひと暇かけるんですから、使いやすく小分けにして冷凍しておきましょう。

小分けすることによって、少しづつ色々なお料理に使うことが出来ます。

 

今度は葉もの野菜を上手に冷凍する方法をご紹介します。

 

青菜類

さっと塩ゆでして、水切りをします。

適当な大きさに切って、ラップで小分けにして、金属トレーに並べて冷凍庫で凍らせます。

青菜類が凍ったら、ジップロック等に入れましょう。

 

白菜、キャベツ

白菜やキャベツは、青菜同様塩ゆでして冷凍する方法だけでなく、塩もみをして冷凍保存することもできます。

塩もみする場合は、白菜やキャベツの重さの1パーセント程度の塩を使って塩もみします。

スポンサーリンク

塩もみ後、しっかり水けをきって、小分けし、ラップにくるんで金属トレーに並べて冷凍庫で凍らせます。

凍った後は、ジップロック等の袋に入れて保存しましょう。

 

凍ったまま、お味噌汁やスープに入れたり、冷蔵庫で解凍してサラダに使ってもいいですね。

 

いかがでしたか?

金属トレーを使って、出来るだけ短時間で冷凍するように工夫して、美味しさを逃がさないように保存しましょう。

 

これはびっくり?生のまま冷凍出来る葉もの

水分が多い野菜は、どうしてもそのまま冷凍してしまうと、食感が変わってしまったり、風味が落ちてしまったりするので、先に書いた通り、下処理をしてから冷凍保存するのが最善の方法と思います。

 

ただ、野菜の中でも水分の少ない小松菜やほうれん草などの青菜は生のまま冷凍することもできます!

下ゆでして冷凍保存した場合よりかさばりますが、茹でないので、ビタミン類も水に溶け出すことなく保存できます。

 

生のまま冷凍する場合は、よく洗ってからふきんやキッチンペーパーで丁寧にしっかり水気を取ります。

食べやすい大きさに切ったら、ジップロックに入れ、しっかりと空気を抜いて冷凍庫へ入れましょう。

使用するときは、すでに食べやすい大きさに切っていますので、凍ったまま調理がOKです.

しかも野菜の栄養分を損ないませんので、どんどん活用したいですね。

 

まとめ

 

いかがでしたか?

 

ちょっとした工夫で、葉もの野菜も冷蔵保存で鮮度を長く保てたり、冷凍保存で、無駄なく便利に使えたりできますよね。

今回紹介した保存方法を是非参考にしていただいて、季節や、用途、そして収納スペースに合わせて、葉もの野菜を上手に保存しましょう。

スポンサーリンク

サブコンテンツ

このページの先頭へ