辛い大根おろしを食べやすく!?対処する方法を解説!

大根おろしの“辛み”が苦手な方や、あまり好んで食べない方も読んですぐに食べたくなる、食卓の名わき役“大根おろし”をご紹介いたします。

 

大根おろしの辛さの理由については

季節によって大根おろしの辛さは違う!?その理由はなぜ?

で詳しく記載しているので、良ければコチラの記事もご覧ください。

 

今回の記事では辛い大根おろしの辛さ対処についてお伝えします。

 

おろし器を選んで辛さをおさえる

01081707_4b46e7db8a7df

辛みを消す方法の第一段階として、ツールによって辛みを抑える方法をご紹介いたします。

 

大根おろしを作る時は、大根おろし器(おろし金)を使う方が多いと思います。

手に入りやすいプラスチックや陶器などで作られたおろし器を使っていると、大根おろしの出来は、どれも同じ味わいだと思ってしまいます。

 

ところが違うのです!

 

機械で作られたおろし器と、匠の作ったおろし器を比べると、仕上がりと味に違いが発見されました。

手作りのおろし器でおろした大根は、ふんわりと淡雪のような仕上がりになるのです。

匠が手作りした昔ながらの銅板おろし器を使うと、大根おろしのうまみを引き出すだけでなく、極端に辛くならないようです。

 

これは、職人が一目一目手打ちによって出来る刃でおろすと、大根おろしの繊維に水分が程良く残ったきめ細かな大根おろしに仕上がるのです。

まさしく料亭の味といったところでしょうか。

 

ミキサーやフードプロセッサーを使う方法もあります。

便利でお手軽ですよね。

味もマイルドになるようです。

 

これは機械がミキシングする際、若干発熱していることも理由の一つかもしれません。
大根おろしは熱を加えとで甘みが強くなるのです。

スポンサーリンク

辛くならないおろし方

 

辛くならないおろし方は、あります!
基本的に、力をいれすぎない。

 

不思議と怒っているときに大根おろしをおろすと辛くなるのです。

 

力強くおろすことで、繊維がズタズタになり水分のないパサパサした大根おろしができるのです。

やさしく、やさしく。丸いイメージをもっておろすと辛みが比較的抑えられるようです。

スポンサーリンク

それでも辛い時に・・・

 

夏大根は努力しても辛さを消すことは難しいかもしれません。

しかし冬から春にかけて出回る大根の中で、おろすと比較的辛い大根も中にはありますね。

 

・おろしてから7~8分後は辛さがMAXに達するらしいので、20分位おいてみる(ただし、1時間経過すると味もなくなります。→2時間経過するとビタミンCが壊れます)

 

・すりおろしたものをざるにあける→ぬるめのお湯をかける→キッチンペーパーなどで軽く絞る

 

・レンジでチンする。

⇒加熱することで、大根本来の甘みをひきだします。
自然な甘みを楽しみたいときには温めることです。
(ワット数にもよりますが、500Wで10秒程度温めると、舌をさす辛みはなくなります)

 

・皮を厚く向く

⇒皮の付近に辛み成分が多いと言われています。厚めに皮を向くことで、大根おろしの辛みも気にならなくなるようです。

 

・レモンを数滴たらす

 

・お酢を数滴たらす

 

全く辛みのなくなった大根おろしは好きではない方もお試しください。

大根おろしが甘いほうが、お子様も安心して口にできますし、食育の観点でもぜひおすすめです。

 

大きく育ち切った大根を買う→大根の甘い部位選ぶ→おろし器をかえてみる→おろすときは、スマイル!

一味追加してもだめなら、温めることです。

スポンサーリンク

サブコンテンツ

このページの先頭へ