大根の保存方法や期間は?冷凍保存は出来る?

煮物やサラダ、大根おろしや漬物などの幅広い料理に大活躍の大根。

 

カットしたものよりも1本丸ごとの方が安く買えることが多いですよね。

でも一気に使い切ってしまうには、ちょっと大変・・・

そんな時、大根を上手に保存できたらとは思いませんか?

 

そこで今回は、大根の保存方法について調べてみました!

 

大根を上手に保存するには?

433c86f4b9d5c6d120283b5b3f33f731_s

旬の季節になると安く売られている大根。

家庭菜園でたくさん収穫したり、ご近所様からいただいたりと食べきれない場合もあることでしょう。

さっそく大根の上手な保存方法と保存期間について確認してみましょう。

 

1本丸ごと保存

00b0feda9aeeafdca7110f4c8b0fb334_s

① 葉つきのものは、葉の部分を切り落としてから保存しましょう。

葉が養分を吸い上げ、根の白い部分がスカスカになってしまいます。

 

② 切り口を乾燥させないように、ラップや濡れた新聞紙でくるみましょう。

 

③ 保存場所は、冷蔵庫か、風通しのよい冷暗所。

大根だけではありませんが、野菜は必ず、栽培している時と同じ状態の立てた状態で保存するようにするのがポイントです。

 

冷蔵庫、もしくは冷暗所での夏場なら1週間~10日、冷暗所(冬場)なら1か月くらいを目安に使い切るようにしましょう。

 

 

さらに、常温で保存する場合は、泥を付けたままの方が、長く保存することができます。

また、家庭菜園などの畑があるなら、新聞紙にくるんで土の中に立てたままの状態で埋めます。

これで越冬できるほど数か月間の長期保存が可能です。

 

カットしたものを保存

f38e1da061e884aaad9caa5beb53ea5e_s

使い切れずに余ったものや、カットしたものは、冷蔵庫で保存しましょう。

その際、軽く濡らした新聞紙にくるんで、ビニール袋に入れるか、全体をラップでしっかりくるみます。

大根は、みずみずしさが失われないよう、乾燥しないように保存することが重要なのですね。

 

野菜室には、切り口を上にした、立てた状態で保存します。

スポンサーリンク

保存期間は、大根を小さくしたものほど、短くなります。

半分~1/4程度で4、5日が目安。

千切りなどは、丸1日ほどです。

調理する直前に食べやすい大きさにカットすることをおススメします。

 

葉の保存方法

920f4310cd1e1ecafdb17df7fd2c2532_s

大根葉は、緑黄色野菜だって知っていましたか?

大根は、白い根の部分よりも葉のほうに、豊富な鉄分とビタミン、そしてカルシウムなどの栄養分がたっぷり含まれているのです。

 

また、大根の葉は、緑色が鮮やかなので、漬物や炒め物の彩りにも重宝しますね。

いつでもサッと取り出して活用できるように、下準備をしてから保存するようにしましょう。

スポンサーリンク

<大根葉の下準備と保存方法>

塩を入れた、たっぷりの水を沸騰させ、大根葉をさっと下茹でします。

冷水にさらして水気をしっかりと切ったら、調理しやすいように細かく刻んで冷凍保存します。

一回分ごとにラップでくるんでもよいのですが、薄く平らにして冷凍すると、使う分だけパキッと折って、調理することもできますね。

 

切り干し大根にして保存

14d94c568da9d9bce633d8750e152601_s

よく洗った大根を、皮付きのまま6~7mm程度の輪切りにします。

 

さらに棒状に切ったものを風通しのよい干しかごなどに平らに並べます。

寒い季節のお日様のよく当たる日中を選んで、一週間ほど。

 

完全に水分が抜けてからからになるまで干しあがったら完成。

冷蔵庫で保存すれば、1年くらいの長期間保存が可能になります。

 

冷凍保存はできるのか?

本来の大根の風味や栄養価を考えるとやはり、生のまま食べるのが一番なのですが、やっぱりなかなか一度には使い切るのも難しいもの。

 

長期保存として畑などが利用できないときは、やっぱり冷凍に限りますよね。

大根葉は、冷凍保存が可能でしたが、白い部分はどうなのでしょう・・・。

ずばり言うと、答えはYESです。

 

ただし、栄養面や風味がおちてしまうことがあるのが最大の難点。

 

サラダやツマなどのシャキシャキとした食感を生かす料理には、冷凍大根はおすすめしません。

大根は冷凍すると、細胞が破壊されるので、生のものに比べ、柔らかくなってしまいます。

そのため、味がしみこんでおいしくなるような、おでんやぶり大根などの煮物料理が最適なのです。

 

大根の冷凍方法

キレイに良く洗った大根は、集めに皮をむいて3~4センチほどにザクザクと輪切りにします。

豚汁やお味噌汁用なら、使いやすいイチョウ切りなどにしておくのが良いですね。

 

カットした大根は、そのままジッパー付きビニール袋に入れて、中の空気をしっかりと抜いた状態で冷凍します。

 

 

また、大根おろしも冷凍することができます。

大根おろしをジッパー付きビニール袋に入れて、平らな状態で急速冷凍。

栄養面や風味は、生のものには到底かないませんが、みぞれ鍋やお味噌汁などに利用するとよさそうです。

 

賞味期限はおよそ1か月。

 

冷凍する際は、アルミトレイやアルミ箔を下にひき、急速冷凍するとよいでしょう。

 

まとめ

いかがですか?

丸ごとおいしく調理できる大根。

ビタミンや鉄分が豊富にふくまれているだけでなく、大根おろしなどは消化吸収を促進してくれます。

 

おいしく栄養もそのままに食べるなら、葉を切り落として新聞にくるんだ状態で土の中で保存するのが、最適なのではないでしょうか。

 

寒い季節の煮物や、外食の多くなる年末などは特に、胃に優しい大根を上手に活用したいものですね。

スポンサーリンク

サブコンテンツ

このページの先頭へ