大根の特徴や栄養成分は?どんな効能がある?

これからの寒くなる季節が旬のおいしい野菜、大根。

 

最近スーパーでは、葉っぱを切られた状態だったり半分にされたものが売られていますが、実は葉っぱにも栄養成分がたっぷり詰まっているってご存知ですか?

 

葉っぱを食べるだなんて貧乏くさい…なんて言わずに大根のおいしい秘密を知れば、葉付き大根をまるごと買いたくなること間違いなし!

究極のエコ食材とも言われる大根の秘密を徹底解剖してみました。

 

ちょっと待って!捨てちゃうなんてもったいない大根の〇〇。

 

さて、みなさんは大根を調理する時、皮をむきますか?
大根の葉っぱは捨てちゃいますか?

ダウンロード

もし答えがYESの方は、とってももったいないので、今すぐやめてください!
実は、みなさんが捨てがちな皮や葉っぱにも、実以上に栄養が詰まっているんですよ。

 

まずスーパーだとあまり見かけなくなった、大根の葉っぱ。

 

鉄分・カルシウムが豊富に含まれているだけではなく、成長に欠かせないと言われるビタミンAも含まれていて、妊婦さんや成長期のお子さんにぜひ積極的に食べてもらいたい部分です。

 

細かく刻んで油で炒めて味付したら、ご飯のお供においしいふりかけになるのでおススメです。

 

むいて捨てがちな皮も、ビタミンCが実の部分より多く含まれています。
大根おろしなどは皮つきのままおろしたり、むいた皮も捨てないできんぴらにしたり干して自家製の切干大根にしていただくのもおススメです。

スポンサーリンク

栄養たっぷりの大根、うれしい効能は何がある?

 

コトコト煮て味が染み込んだ大根もおいしいのですが、実は大根の栄養やうれしい効能をまんべんなく効果的に摂る方法は生で食べること。

特に大根おろしで食べることで、効果は倍増します。

 

大根おろしって、ツンと辛味が強い時がありますよね?
実は嫌われがちなあの辛味が、ダイエット効果抜群ってご存知でしたか?

 

あのツンとくる原因は、イソチオシアネートという成分の仕業。
消化を助けてくれるだけではなく、血液をサラサラにしてくれる効果もあります。

 

また、胃がんなどの原因とされるピロリ菌を除去してくれるそうですよ。

生で食べることで、話題の酵素をたっぷり摂ることもできます。

 

酵素といえば体の免疫や消化などを司る、大切な働きがあることで有名。
加熱すると死んでしまうので、生で食べられる大根おろしはもってこいの調理法です。

 

ただし、イソチオシアネートは時間が経ってしまうと効果が薄れていくので、大根おろしは食べる直前にすりおろすようにしましょう。

 

そしてもちろん、おろす時の大根は皮つきなことを忘れないでくださいね!

 

また、大根おろしの汁を捨ててしまう方もいますが、汁にも当然栄養は含まれています。
捨てずに一緒にいただくか、汁をどうしても切りたい場合は、お味噌汁に加えたりなど再利用しましょう。

 

そして寒くなるこれからの季節、うれしい効能がもうひとつ。
栄養満点の大根は風邪予防にも効果があります。

 

そのまま食べるのはもちろんのこと、大根あめにすることでのどの気になるイガイガなどが鎮まると、昔から作られて親しまれています。

 

ぜひ作って、ちょっと風邪っぽいな…病院行くほどじゃないし薬も飲みたくないな…という時に、試してみてはいかがでしょうか。

【材料】

大根…適量。
はちみつ(水あめなど)…適量

 

【作り方】

①大根を1cm角くらいのサイの目状に切り、タッパーなど密閉容器に入れる。
②はちみつなどをひたひたになるまで入れる。
③大根から水分が出てくるので、よく混ぜて出来上がり。

2~3時間ほどで出来上がります。
出来上がった大根あめは冷蔵庫で保管してくださいね。

 

皮は食べたくない!やっぱり気になる残留農薬

スポンサーリンク

大根を葉ごと、皮ごと食べた方がいいのは分かったけど、農薬やPM2.5など気になる方も多いと思います。
そういう時はどうすればいいでしょうか?

 

無理に…とは言いませんが、ほんのちょっとの手間&工夫で安心して食べられるようになるので、簡単な方法をご紹介しますね。

 

まず気になるPM2.5ですが、流水でよく洗うことで落とすことができると言われています。
気になる方はたわしなどを使って、ごしごしきれいに洗ってみてはいかがでしょうか。

 

そして残留農薬ですが、食用の重曹を使って落とすことができます。
方法はとても簡単ですし、もちろん他の野菜やフルーツでもできることなので、気になる場合はぜひ試してみてくださいね。

【用意するもの】
重曹(※必ず食用のもの)…大き目のボウルに対し、小さじ1程度。
水…適量
ボウルなど水を溜められるもの

【使い方】
①ボウルに重曹と水を入れて重曹水を作る。
②野菜やフルーツを入れる。
③30秒から1分で引き揚げ、流水できれいに洗い流す。

 

なんと、たったこれだけです。
とても簡単で、ビックリされた方も多いのではないでしょうか。

 

気になるから…とたっぷり重曹水につけたくなるかもしれませんが、長時間つけてしまうとビタミンが逃げ出してしまうので、短時間にしておきましょう。

 

この方法を使えば、外国産の野菜やフルーツを買った場合でも安心して食べられるだけではなく、栄養が詰まった皮ごと食べられますし、何よりも生ごみが出ない…と一石何鳥にもなりますね。

特に大根は捨てるところがない優秀な食材、究極のエコ食材ではないでしょうか。

 

いかがでしたでしょうか。

春の七草にもあげられる大根(※すずしろ)。

 

ちょっとの工夫でよりおいしく栄養をたっぷり摂れることがお分かりいただけたと思います。

栄養満点でこれからの寒い季節、積極的に食べたい野菜ですね。

スポンサーリンク

サブコンテンツ

このページの先頭へ