旬を逃さずおいしい冬野菜カレーをつくるには?

日本人の国民食とも言えるカレー、嫌いな人ってなかなか聞かないですよね。また、野菜が苦手な子どももカレーにするとパクパク食べてくれる…なんていう話もよく聞きます。

a0002_011471

冷蔵庫のあまりものでパパッと作れる、手抜き感がどうしてもあるカレーではありますが、せっかくなので今が旬の冬野菜を使っておいしいカレーを作ってみませんか?

 

何を入れてもおいしく食べられるカレーではありますが、特におススメの冬野菜についてもご紹介したいと思います。

 

冬野菜って何がある?

 

今どきはちょっと探せば冬でもスイカが食べられてしまう時代ですが、冬が旬の野菜ってご存知ですか?

あげたらキリがありませんが、実は意識していなかった…なんて方もいらっしゃるのではないでしょうか。

言い当てるのは難しそうですが、実は簡単に見極められる方法があります。

 

白菜・大根・ネギ・春菊などなど・・・

 

これらの共通点はそう、お鍋に入れて食べるとおいしい野菜ということですが、お気づきになりましたか?

a1600_000171

先人の知恵とはよく言ったもので、その季節によく食べられるもの・料理はだいたいがその季節が旬のものなんですよ。

その他にもほうれん草や小松菜・かぶ・ニラなど、栄養が豊富な野菜が挙げられます。

 

冬野菜がカレーにおススメの理由

 

夏野菜カレーはよく聞くけれども、冬野菜カレーってなぜおススメなのでしょう。

というのも、冬野菜には身体を温める効果があるという話を聞いたことはありませんか?

スポンサーリンク

しかも身体を温めるだけではなく栄養価も高く、風邪予防などにも最適な栄養がたっぷり詰まっているんです。

そしてカレー粉にはスパイスがたくさん使われていますので、相乗効果ははかりしれません。

 

気になる冬野菜の栄養&効能はコチラ!

a0002_006138

カレーじゃなくても積極的に食べたくなった冬野菜の栄養と効能、ごく一部ですが簡単にご紹介していきたいと思います。

 

葉っぱをたくさん食べたい大根

 

実は消化を助ける酵素がたくさん詰まっているだけではなく、捨てられがちな葉っぱは粘膜や皮膚を保護するカロテンやビタミンCが豊富です。

 

皮の部分も栄養価が高いので、よく洗って皮ごと調理するといいでしょう。

 

水分が豊富なので、無水鍋など焦げ付かないお鍋にたくさん入れて、少量の水でカレーを作るのも旨みが凝縮されるのでおススメです。

 

風邪予防の定番野菜ネギ

 

風邪予防にネギをまく…なんていう健康法もあるくらい健康効果の高いネギですが、よく食べられる白い部分は、殺菌・抗菌・発汗作用があり、栄養成分(カリウム・ビタミンC・カルシウム・)は緑色の部分に多く含まれています。

 

血行促進や保温効果もあるので、寒い日にはぜひネギをたっぷり食べたいところではないでしょうか。

 

ビタミンB1を効率よく吸収してくれるので、豊富に含まれる豚肉でポークカレーを作ってみてはいかがでしょうか。

 

ほくほくおいしいユリ根

 

茶碗蒸しや天ぷらで食べられることが多いユリ根ですが、ほくほくした食感はお芋みたいで入れるとおいしいですよ。

 

もちろん栄養価も高く、鉄分やカルシウム、食物繊維にビタミンと、たくさん詰まっています。

 

また、ユリ根のビタミンは熱に強いと言われていますので、ことこと煮込んでも栄養はそのままなのがうれしいですよね。

イライラや不眠症にも効果があるので、ストレスを感じた時など積極的に食べるといいでしょう。

 

健康野菜の代名詞?ほうれん草

 

カレー屋さんのトッピングでもよく見かけるほうれん草ですが、栄養といえば鉄分を一番に思い浮かべる方も多いのではないでしょうか。

 

でも注目していただきたいのはビタミンCで、冬のほうれん草は夏に採れるものの約3倍の含有量なんだそうですよ。

スポンサーリンク

しかも鉄分はビタミンCと一緒にとると吸収率がアップするので、一石二鳥な野菜ではないでしょうか。

 

アンチエイジング効果の高い、βカロテンも豊富に含まれているので、ぜひともカレーに入れたい素材ですね。

 

独特な風味もカレー風味ならOK?ニラ

 

ニラ特有の風味が苦手な方もいらっしゃると思いますが、あの嫌われものの風味の正体はビタミンB1の吸収を助けてくれるだけではなく、消化促進の効果もある働き者の成分が元。

 

ビタミンB1が豊富な豚肉と一緒に食べると相乗効果があるので、先に書いたネギとニラでポークカレーを作ってはいかがでしょうか。

 

疲労回復や冷え性改善の効果があるだけではなく、高血圧予防にも効果があるので寒さで血圧が上がりやすい冬には欠かせない野菜です。

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか。

冷蔵庫のあまりものでも大した材料がなくても(お肉がなくても?!)おいしく作れるカレーですが、やはり栄養価が高い旬の野菜を入れて作って食べたいですよね。

 

カレーはスパイスの効果で身体が温まりますが、冬野菜や根菜などをたくさん入れることでさらに身体が温まる効果が期待できます。

 

寒さはまだまだ続く…というよりも、これからが寒さの本番ですが、おいしい冬野菜カレーを作ってぜひ寒い冬を元気に過ごしてくださいね。

スポンサーリンク

サブコンテンツ

このページの先頭へ