自家製カット野菜は冷凍保存できる?栄養面はどうなの?

カット野菜は料理の時間短縮にも繋がり、忙しい方には便利なものですが、それに伴う栄養面のことも気になることでしょう。

 

今回はそんなカット野菜について紹介します。

カット野菜の保存前にひと工夫で、長持ちさせる方法もお教えしますよ!

 

自家製カット野菜が便利

ダウンロード

スーパーやコンビニで売られているカット野菜。

今は、数年前に比べて、種類も豊富になっています。

 

切り方も「八宝菜用」、「サラダ用」、「きんぴら用」とさまざまで、切らずにそのまま料理に投入できるという手軽さが人気の理由です。

野菜を買っても食べきれない単身者や、シニア世帯にも売れています。

 

しかし、カット野菜は「保存料が多いのでは?」「割高なんじゃないの?」と、市販されているカット野菜を買うことに抵抗のある方も少なくありません。

 

そこでおすすめしたいのが、自家製カット野菜です!

 

野菜を買ってきたら、全部まとめてざく切りにして冷蔵保存します。

切る手間はかかりますが、割安に野菜を入手できますし、料理をする際は野菜を切らずに投入するだけになります。

なので、切って残った野菜を一々ラップに包んだりする煩わしさも解消されるのも良いですね!

 

忙しい方は手の空いているときに、まとめて切っておくことで料理時間を短縮できます。

 

どんな料理に使える?

スポンサーリンク

カットした野菜は、わりとどんな料理にも使えます。

ザク切りにしておけば、冬の季節についつい食べたくなる鍋料理にも重宝します。

野菜スープや炒め物にも良いですよね!

 

野菜のほかにも、肉などもカットしておくことで、調理時間が短縮できます。

お肉は切って、調味料に漬けておくのも良い方法ですね。

こうしておくことで、包丁とまな板も使わず、ササッと調理できることはもちろん、洗う手間も省けますね!

 

カット野菜の保存にひと手間

 

カット野菜は料理の時間短縮にもなり便利なものですが、切った野菜には傷みやすくなるというデメリットがあることも忘れてはなりません。

 

食材を長持ちさせるために冷凍保存をしているという方も少なくないと思いますが、野菜によっては冷凍に向いていないものや、味が落ちてしまうものもあります。

 

そんなカット野菜ですが、カットする際にちょっとひと手間かけるだけで、野菜が傷みにくくなりますよ!

 

切れ味の良い包丁を使う

切れ味の悪い包丁は野菜の断面をギザギザにしてしまうため、空気に触れる面が大きくなります。

これによって野菜の汁が出やすくなると、その分、野菜の傷みも早くなってしまいます。

 

なるべく切れ味のよい包丁やを使ってカットしましょう。

また、みじん切りや千切りなどで、切り口の面積が広くなればなるほど、傷みやすくなるので、できれば大きめにザク切りにして保存することがおすすめです。

 

野菜の水気を取る

保存をする際に一番気をつけなければならないのが水気です。

水分も野菜の傷みを早めてしまう要因となります。

 

水切り器などでよく水を切り、保存容器やラップに包む前に、キッチンペーパーで余分な水分を取ると新鮮な状態が長く保てますよ。

 

密閉状態を保つ

野菜や果物は収穫後も呼吸を行っていて、植物の成長に作用する「エチレン」というホルモンを発生させています。

このエチレンが野菜の栄養が落ちたり、傷みやすくなったりする原因です。

 

とくに野菜を切った断面からエチレンが発生しやすくなるので、野菜を保存するときには、ラップやポリ袋、保存容器などを使って、空気に触れさせないようにしましょう。

 

また、野菜専用の保存袋を使うこともおすすめです。

エチレンを吸着透過する効果があるものや、小さな穴が空いていて袋の中を低酸素状態に保つものがあり、野菜を最良の状態で保存できます。

スポンサーリンク

冷蔵室に入れる

カット野菜は温度が高くなると、切り口から菌が繁殖して、変色が進むので、低温保存が向いています。

冷蔵室は約3~5℃、野菜室は約5~7℃と温度が違い、冷蔵室の温度の方が低いです。

なので、カットした野菜は温度が低い冷蔵室に保存すると良いでしょう。

 

野菜は野菜室に入れるのが一般的ですが、カット野菜の場合は冷蔵庫の方が良いなんて驚きですね!

これはぜひみなさんに覚えておいてほしい情報です。

 

また、冷蔵室の温度を保つためにも、食材を詰め込みすぎたり、温かいものを入れたりしないようにしょう。

冷蔵庫のメーカーによっては、野菜室に除菌・老化を抑制する効果のある商品もあります。そのような機能を駆使するのも良い方法ですね。

 

カット野菜の栄養面は?

カット野菜にすると、「栄養がなくなってしまうのでは?」と疑問に思っている方も少なくないでしょう。

とくに、売っているカット野菜は、何度も洗浄する過程で栄養が流れ出てしまうので、食べる意味が無いという方もいます。

 

しかし、答えはどちらとも言えないようです。

カット野菜は、切り口から栄養素が流れ出し、栄養が失われることはあります。

そのため時間が経つにつれて栄養価が落ちるということも事実です。

 

ですが、失われる栄養素は多くても全体の3割ほどでしょう。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

カット野菜は、料理の時短にもなり便利な反面、栄養は少し落ちてしまうようです。

 

しかし、カット野菜の便利さを取るか、落ちてしまう約3割の栄養素を取るかは、あなた次第といえますね!

スポンサーリンク

サブコンテンツ

このページの先頭へ