にんじんジュースの効果とは?効率良く栄養を摂取するには?

ニンジンは、βカロテンが豊富であらゆる栄養素を持つ、頼もしい野菜です。

大根、玉ねぎなどの一般的な野菜と比較すると、人間の体に必要なビタミンとミネラルが多く含まれているようです。

万能野菜のニンジンをジュースにしてより多くの栄養を効率よく摂るにはどうしたらよいのでしょう。

 

そこで期待以上の栄養素がとれて、病気の予防にもなる、毎日安心して飲めるジュースについてご紹介します。

ダイエット中の栄養補給したい方や、受験生を持つお母さん方は必見です!

 

にんじんジュースが大注目される理由

ダウンロード

野菜ジュースのなかでも、とりわけニンジンジュースが大注目されているのには、それだけの理由があります。

老若男女のお悩み解決!といえるほど頼もしい栄養価があるニンジンジュース。

その効果は、いろいろなメディアやネットで多々取り上げられています。

 

代表的な効果としては

  • ガン予防に効果がある→免疫力アップ
  • 抗酸化作用
  • 美肌効果→豊富な食物繊維とビタミン、βカロテン
  • 毒素を排出
  • 皮膚・粘膜強化が期待できる
  • 心臓病・動脈硬化など生活習慣病に効果がある
  • 目に良い
  • アトピーに効果があるとか

以上のような効果が見込めます。

 

ニンジンジュースのアトピー効果とは?

 

アトピーといってもその人により症状も出る部位も違います。

 

最近ではアトピーを含むアレルギー体質は、胃腸などの消化器官の働きを高めること、それが症状を改善する一歩らしいといわれはじめました。

 

ニンジンは食物繊維も豊富なので、便秘解消にも役立つばかりでなく、胃腸の働きをよくする効果が期待できるからなのかもしれません。

 

最近では、ある飲料メーカーも腸内環境を整えることに着目し、良いサプリメントが開発されました。

ニンジンジュースを毎日飲んで、アレルギーを改善したいですね。

 

他には、体を温める効果、血のめぐりをよくしてくれるともいわれています。

貧血でお困りの方にもおすすめのジュースでしょう。

 

にんじんジュースの栄養素とは?

スポンサーリンク

ジュースの主役であるにんじんは、βカロテンを多く含みます。

カロテンは免疫力を高め、皮膚や粘膜を強くする働きがあります。

 

ガン、心臓病、動脈硬化の予防が期待できます。

ニンジンは、ビタミンCを多く含むほか、カルシウムも含む野菜です。

 

にんじんジュースとコラボさせたい野菜・フルーツは?

 

トマト=がん予防や老化防止、疲労回復に効果がある。

リンゴ=風邪予防、便秘予防。オリゴ糖→整腸作用

レモン=風邪予防、美白、美肌効果

 

レタスや小松菜を混ぜてもよいですが、少量にしないと臭みがでてしまいます。

セロリを加えてトマトを加えると、トマトジュースとニンジンジュースのミックスができます。

ただ、トマトジュースが苦手な方は、好まれないかもしれません。

 

にんじんジュースにプラスする、おすすめのフルーツは?

 

なんといっても、リンゴとレモンはマストアイテムです!

 

栄養価からいっても、風味から言ってもリンゴまたはリンゴジュースを加えることで、ニンジンの臭みを消してくれます。

レモンなどの柑橘類もニンジンジュースをすっきりと際立たせてくれるます。

 

レモンのかわりにすだちやカボスもおすすめですが、一番のおすすめは”ゆず”です。

絞ってもよし、皮を削って飲む直前に加えても美味しくいただけますよ。

はちみつを加えれば、子供も積極的に飲んでくれるはずです。

 

冬はみかん、オレンジなどの柑橘類、秋は柿もおいしくいただけます。

冷え性の方は、ニンジンジュースにショウガのしぼり汁を加えれば体を温めてくれるでしょう。

 

にんじんジュースをつくる

 

自宅で作る“にんじんジュース”。

新鮮な朝どれのニンジンで無農薬が手に入れば理想的ではあります。

 

毒素をだす効果のあるニンジンジュースですので、できれば無農薬を飲みたいところですね。

 

4人家族のわが家では・・・

大き目のニンジン1本とリンゴ1個をすりおろし、はちみつを大さじ2杯くらい、レモン汁、トマト1個、リンゴジュースまたはフルーツ系の野菜ジュースをいれて、ミルサーでミックスします。

 

仕上げにゆずの皮を切り刻んでジュースにトッピングして出します。

トマト嫌いな子供も、すんなり飲めてしまいます。

 

効率よい栄養を摂取するために

 

すり下ろしたニンジンジュースは、その場ですにに飲み切りましょう。

冷蔵庫で保存しても、期待する栄養を摂取することはできません。

作りたてが一番酵素がたっぷり入っていますし、栄養価も高いということです。

 

無農薬でも気にならないかたは、皮を向き、すりおろすだけでよいと思いますが、こだわるかたは、良いニンジンを選ぶことをおすすめします。

 

ニンジンは、その皮に栄養素が多いため、無農薬でなおかつ土にこだわったものであれば、皮ごとすりおろしてジュースにすることで、栄養素を丸ごと摂取できます。

このような環境で作られたニンジンジュースであれば、手作りでなくてもよいでしょう。

スポンサーリンク

ジュースを作るのにオススメなのがジューサー!

 

ジュースを作るのに代表的なのが、ミキサーとジューサーです。

 

ミキサーは入れたものを切るイメージです。

それに対して、ジューサーは絞るイメージです。

 

私はミキサーよりもジューサーをオススメします。

特に最近流行りの「スロージューサー」という物です。

 

スロージューサーは低回転で食材を絞り出してくれるので、酵素などの栄養素を破壊する事なく、ジュースを作る事が出来ます。

 

酵素はダイエットなどには欠かせない栄養素なので、出来る事なら破壊する事なく摂取したいですよね。

 

それからこれは特にデメリットいう訳ではありませんが、ミキサーは食物繊維をまるごと飲むことができます。

しかし、ジューサーは食物繊維などの絞りカスを取り除いてしまいます。

※動画を見るとイメージが湧きやすいです。

 

なので、食物繊維を取りたい場合は、工夫が必要ですね。

例えば、ジューサーで絞られて残った部分をケーキ作りにリサイクルするのも良いでしょう。

 

効率よく、ニンジンの栄養を丸ごといただきたいのであれば、絞った後のニンジンを捨ててしまわないで有効に使うことをおすすめします。

 

ヒューロムスロージューサー H2H-RBA11が一番人気!

 

ズバリ!スロージューサーの中でも一番人気が

ヒューロムスロージューサー H2H-RBA11

です。

 

商品はコチラ

↓↓↓↓↓

 

アマゾンでも高レビューがたくさん付いてる商品で、使い勝手も抜群のようです。

どれにするか迷った結果これを買って正解でした。評価5

毎朝、無農薬・無肥料の畑から間引き菜や畔にあるヨモギ、オオバコ、アカザ(ほうれん草と同族なのでシュウ酸が強いので少々)、畑のあちこちの隅に植えてあるイタリアンパセリ、シソ、ニラ、桑の葉など、少量ずつ多種類の葉物の青汁を毎朝180cc作って飲んでいます。

 

その後、直ちに、ジャガイモ、リンゴ、柑橘系、人参、バナナとその季節の果物(メロンであったりイチゴであったり桃であったり、柿であったり)をジュースに。300?400ccを飲んでます。

 

夕食後は、リンゴ、柑橘系、人参、バナナで250ccほど。(ポストハーベスト等が怖いので、バナナもリンゴも、またジャガイモは発芽を抑制するものが…よって自分の菜園のものをできるだけ使っていますが、足りなくなったら産地を確認の上、信頼できるものを購入)

 

今まで、リンゴや人参をすりおろしたり、ミキサーで葉物を水を加えて回して布で漉して飲んでいた時に比べるとはるかに楽です。また水も加えませんから。

 

ミキサーやすりおろしは面倒だったので、1日一回の飲料でしたが、現在は朝晩飲んでいて、体調はすこぶる快調です。

 

 

今までのジューサーとは根本が違う。評価5

ヒューロム社はジューサーに特化した会社でその路線はおおむねあっていると思う。

 

このヒューロム社の形が出てから他社は追随している。

 

まず、音が静かなことがよい。野菜や果物が石臼にひかれるような感じでその音も心地よい。

組み立ても簡単だし、洗いもすぐに終わる。

 

なによりも野菜や果物の味がとてもおいしい。これにつきる。

 

体調はすごぶる良いです。評価5

毎朝、無農薬・無肥料の畑から間引き菜や畔にあるヨモギ、オオバコ、アカザ(ほうれん草と同族なのでシュウ酸が強いので少々)、畑のあちこちの隅に植えてあるイタリアンパセリ、シソ、ニラ、桑の葉など、少量ずつ多種類の葉物の青汁を毎朝180cc作って飲んでいます。

 

その後、直ちに、ジャガイモ、リンゴ、柑橘系、人参、バナナとその季節の果物(メロンであったりイチゴであったり桃であったり、柿であったり)をジュースに。300?400ccを飲んでます。

 

夕食後は、リンゴ、柑橘系、人参、バナナで250ccほど。(ポストハーベスト等が怖いので、バナナもリンゴも、またジャガイモは発芽を抑制するものが…よって自分の菜園のものをできるだけ使っていますが、足りなくなったら産地を確認の上、信頼できるものを購入)

 

今まで、リンゴや人参をすりおろしたり、ミキサーで葉物を水を加えて回して布で漉して飲んでいた時に比べるとはるかに楽です。また水も加えませんから。

 

ミキサーやすりおろしは面倒だったので、1日一回の飲料でしたが、現在は朝晩飲んでいて、体調はすこぶる快調です。

 

我が家も、これまではミキサーを使用していましたが、そろそろ新しい物に買い替えたいと思っていたので、コチラのヒューロムスロージューサー H2H-RBA11を購入してみました!

 

家電量販店よりもアマゾンのほうが安かったので、アマゾンでの購入がオススメです。

送料も無料で、関東なら24時間に届くかと思います!

 

アマゾンでの購入はコチラ

↓↓↓↓↓

 

まとめ

 

にんじんジュースは体をあたためたり、体外へ毒素を出す働きが期待できます。

効率よく摂取したいのであれば、ニンジンをすりおろしたジュースをすぐに飲むことでしょう。

無農薬ニンジンに低農薬リンゴをすりおろし、レモンなどの柑橘系果汁を加えて毎日飲めば、効果絶大です。

スポンサーリンク

サブコンテンツ

このページの先頭へ